フランスの小話に、居眠りをしていたナポレオンを、揺り動かして起こすのは失礼になるだろうと考えた侍従が、ナポレオンが好きなチーズを鼻の下に近づけて起こそうとしたところ、ナポレオンが、
「ジョゼフィーヌ、今夜はだめだ」と寝言を言ったという話があります。

わかる人には、わかると思いますが、女性のアソコの臭いは、チーズの臭いに例えられることもあるといいます。

つまり、奥さんであるジョセフィーヌの臭いと勘違いして、今夜は勘弁してくれと言ったという、フランスの小話(ジョーク)です。

  • デオプラスラボプラチナム

    デオプラスラボプラチナム

    女性のデリケートゾーンの臭いケアなら、デオプラスラボプラチナムがおすすめ。ワキ・バストトップ・足の裏・手のひらの汗の臭い対策にも使えるクリームです。原因菌除去率99.999%、柿タンニン配合で臭いをカット。5種類の天然成分で余分な汗を抑え、肌をしっかり保湿してくれます。消臭だけでなく、香りもプラス。セクシーだけどキツすぎず、控えめで魅力的なシシリアレモンの香りです。

ナポレオンの妻ジョセフィーヌという女性

この小話に出てくるジョセフィーヌという女性は、ナポレオンの最初の妻で、ナポレオンより6歳年上の妻でした。
ナポレオンと結婚する前にも他の男性と結婚経験があります。

ジョセフィーヌは、エキゾチックで美しい女性だったそうです。
そうしたこともあってか、数多くの男性を魅了し、恋多き女性でした。浪費家であったことも有名です。

ジョセフィーヌが浮気を繰り返したことが原因となり、ナポレオンと離婚の危機になります。

許しを請い、心入れ替えたジョセフィーヌは、良い妻となって夫につくしますが、子供ができなかったことと、ナポレオンが浮気して、浮気相手と子供を作ったことにより、結局、離婚してしまいます。

ジョセフィーヌは体臭が強かったそうです。そういったことからも、こうした小話が作られたのかもしれませんね。

ジョセフィーヌが好んだ香り

ジョセフィーヌは、動物性の麝香(じゃこう)の香り(ムスク)の香水を好んでつけていたそうです。

麝香は、ジャコウジカのへその下のあたりにある香嚢(こうのう)から分泌する分泌物を乾燥させたものです。

野性的な香りで、性的興奮を感じさせる香りといわれています。
男遊びが盛んだったジョセフィーヌらしいですね。

一方、ナポレオンは、植物性の香りが好きだったようで、ジョセフィーヌの麝香の香りは苦手だったようです。

香りの好みの違いが離婚につながったと言う人もいます。

ナポレオンの恋文

遠征中に、ナポレオンがジョセフィーヌにあてた、熱烈な恋文は有名です。
ナポレオンの恋文は、今でも残っているものもあり、競売にかけられたりもしています。

ナポレオンがジョセフィーヌにあてた手紙の中に、遠征先から「明晩そちらに帰るから、体を洗わないように」というような手紙もあるのだそう。

ナポレオンは、においフェチだったのかもしれません。
ジョセフィーヌに香水をプレゼントしたりもしています。

女性のデリケートゾーンの臭いが苦手という男性が多いですが、中には、女性独特の臭いが興奮するから好きだという男性もいるみたいです。

ジョセフィーヌという女性が、実際どういった女性だったかは分かりませんが、体臭やデリケートゾーンの臭いのことで、後世に語られるなんて思ってもみなかったことでしょう。

  • わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    デリケートゾーンに使える無香料の臭いケアクリームをお探しならクリアネオクリームがおすすめです。
    殺菌効果99.999%で、無添加・無香料の肌にやさしいクリームです。
    殺菌成分だけでなく、汗を抑える7種類の天然植物エキスも配合されています。
    さらに、柿渋エキスが配合されています。柿渋に含まれる柿タンニンという成分、抗酸化作用を持っています。
    抗酸化作用がある物質は、臭いの原因になる活性酸素を抑えてくれます。
    デリケートゾーンの他、ワキや足、加齢臭などにも使用できます。