生理中、デリケートゾーンの臭いが気になることはありませんか?

排出された経血が臭うと思われがちですが、経血自体は、それほど臭いは感じられないそうです。

では、生理中の臭いの原因は、どこにあるのでしょうか?

実は、経血が原因ではなく、ナプキンを使用していることによるムレが原因ということが多いのです。

経血が排出されることにより、ナプキンで覆われたデリケートゾーンは、高温多湿になっています。

生理中のデリケートゾーンは、汗をかきやすいうえ、ナプキンにより、雑菌が繁殖しやすい環境です。

また、性器周辺は、アポクリン汗腺という汗腺が多い箇所です。
(アポクリン汗腺は、ワキにも多く分布する汗腺です)

アポクリン汗腺から出る汗の成分は、タンパク質や脂質、アンモニアなどを含んでいるため、それをエサにする雑菌が繁殖しやすくなります。

以上のようなことから、生理中は、デリケートゾーンが臭いやすいのです。

生理中の臭い対策

生理中の臭い対策は、ナプキンをこまめに変えることです。

最近は、薄くても沢山吸収できるようなナプキンも販売されており、こまめに変えなくとも、長時間使用できるものがあります。

しかし、こまめに変えた方が、デリケートゾーンのムレは解消できます。
タンポンを使用するときも、こまめに変えるようにしましょう。

こまめに変えることで、不快感も減少します。

これが、生理中の臭い対策としては一番良い方法です。

他には、通気性の良い下着や服装をするのも良いでしょう。
ストッキングなど、締め付けるものは、よくありません。

手間がかかりますが、デリケートゾーンの脱毛という方法もあります。

海外では、デリケートゾーンを脱毛する人が多く、脱毛していないと不潔と感じる人もいるようです。
日本では、あまり一般的ではありませんが、最近は、ムレの解消や、清潔にしたいということから、脱毛する人も増えてきました。

デリケートゾーンの脱毛は、剃る、ワックス脱毛、医療脱毛、脱毛エステなどの方法があります。

デリケートゾーンの洗い過ぎには注意!

デリケートゾーンの臭いが気になるからといって、石鹸でゴシゴシ洗い過ぎるのは、よくありません。

膣には、自浄作用があり、膣の中にある常在菌が、病原体や雑菌が増殖するのを防いでくれています。

そのため、石鹸でなどでゴシゴシ洗い過ぎると、常在菌まで洗い流してしまうことになり、炎症をおこしてしまうことがありますので、優しく洗うようにしましょう。