女性でタバコを吸っているという人は、美容や健康のことを考えるなら、今すぐやめた方が良いです。

ある番組で、喫煙者と非喫煙者の双子の姉妹の顔を比較したものがありました。
顔は双子なのでそっくりですが、喫煙により肌の状態が、かなり違っていました。

喫煙者の特徴ある顔のことをスモーカーズフェイスなどと言ったりもします。
それくらい、タバコの影響が顔に出てしまうということですね。

タバコは、女性の美容にとって悪影響を及ぼします。

タバコで髪がハゲる?臭くなる?

ニコチンの成分は、血管を収縮させます。
タバコを吸うと、血流が悪くなり、髪に必要な栄養素が、運ばれにくくなります。

ビタミンC、ビタミンB、ビタミンEは、髪に必要な栄養素と言われていますが、タバコを吸うことで大量に消費されてしまいます。

タバコを吸っていると、髪の毛の質が悪くなってきます。
抜け毛や白髪の原因にもなってしまうのです。

髪は、臭いを吸着しやすい性質を持っています。
タバコを吸うと、タバコの煙が髪の毛につき、頭がタバコ臭くなります。

私は、喫煙者ではありませんので、タバコの臭いに気づきやすいです。
タバコを吸っている同僚の髪の毛や服から、タバコの臭いが臭くてたまらないと感じたことがあります。

その同僚は、隣の席の男性社員に気があるようですが、彼はタバコを吸わない人なので、タバコ臭がする女性に対しては、あまり印象はよくないようです。

せめて、臭い対策をとった方が良いのではないかと思うのですが、臭いのことは、なかなか指摘しずらいものです。

タバコと女性ホルモン

タバコは、女性ホルモンにも影響を及ぼします。
タバコを吸うと、女性ホルモンの分泌が抑えられてしまうのです。

そのうえ、タバコを吸うと血流も悪くなりますから、肌にとっては最悪です。
肌の潤いやハリは失われ、シワが増えやすくなります。

肌トラブルや、しみ、肌荒れの原因にもなります。
タバコを吸う人と吸わない人では、歳を重ねた後の、肌の状態が違うといわれています。

また、妊娠、出産においても、不妊や赤ちゃんの成長に悪影響を及ぼすことがあります。

タバコで口の中がヤバくなる

喫煙者はあまり気にならないかもしれませんが、タバコを吸ったあとの口臭は、周りに人にはすぐに分かります。

服や頭が臭いというのもありますが、話していて、口からタバコの臭いがするのです。

また、歯にも影響を及ぼします。
歯にヤニが付き茶色くなります。歯肉も、血流が悪いせいで黒ずんでしまいます。

タバコを続けていると、髪が薄毛で、白髪が多く、肌荒れがひどく、シワが多く、口臭が臭く、歯は茶色く、歯茎は黒ずんで・・・という風になるかもしれません。

若いときは、それほど目に見える影響はないかもしれませんが、年齢を重ねると、ヤバくなっていくようですよ。

美容のことを考えるなら、高い化粧品を買うより、すぐにでも喫煙したほうがよさそうですね。