ワキガ体質は、遺伝的要素が大きいということをご存知ですか?

親のどちらかがワキガ体質の場合、約50%、両親ともワキガ体質の場合は、約80%の確率でワキガ体質になるといわれています。

自分や配偶者にワキガ体質の疑いがある場合は、お子さんの体臭についても、気にかけてあげたほうがよいかもしれません。

子供のワキガは何歳から?

子供のワキガの年齢
小学生低学年のうちは、ワキ毛がまだ生えておらず、アポクリン汗腺が発達していないので、まだワキガ心配はいらないでしょう。

アポクリン汗腺というのは、汗腺(汗を分泌する腺)の一つで、ワキガの原因になっていると言われています。

アポクリン汗腺から出る汗は、タンパク質や脂質、アンモニアなどを含んでいて、それを皮膚常在菌が分解することで、独特の臭いが発生します。

アポクリン汗腺は、ワキやデリケートゾーン、耳、へそ周り、乳首などに多く存在しています。

汗腺には、もう一つエクリン汗腺というものがあります。

エクリン汗腺は、全身に分布していますが、汗の成分は、ほとんど水なので、臭いはあまりしません。

小学生高学年から中学生になると、ワキ毛が生えてきます。
アポクリン汗腺も少しずつ発達し、高校生や大学生になると、発達が完了してきます。

ですから、子供のワキガが臭ってくる年齢は、中学生、高校生くらいからが多く、もっと早い場合は、小学生の高学年から臭ってくる子もいます。

洗濯物で気づく母親が多い

子供のワキガ
子供のワキガは、洗濯をしている母親が気づくことが多いそうです。

子供は、部活をしたり、外で遊んだりと、たくさん汗をかいて帰ってきますから、親が気が付く機会は多いでしょう。

子供は、思ったことを何も考えずに口にすることが多いですよね。

友達やクラスメートに指摘されて、臭いに自覚するという子もいます。

中には、臭いが原因でいじめにあってしまう子もいるようです。

臭いを自覚してもケア用品が買えない

他の人から指摘されて、あるいは自分で臭いに気づいて、ワキガを自覚しても、ケア用品を自分で買えない子もいます。

高校生くらいだったら大丈夫でしょうが、小学生高学年や中学生の場合は、どんなものを買ったらよいかわからないということが多いでしょう。

友達が臭いケアを行っていたら、一緒に話して選んだりするでしょうが、悩んでいる子は、他の人には、なかなか言えず、どうしたらよいかわからないという子が多いのです。

大人のワキガの方がそうであるように、臭いに気づいていない子もいます。

どうやってケアをしたらよいか、親が率先して、教えてあげるとよいでしょう。

デオドラントは低刺激で効果があるものを

ドラッグストアや化粧品売り場などで売られているデオドラント商品は、効果が持続しないものが多いです。

実際、使っている方はわかると思いますが、汗で流れたり、臭いが抑えきれていなかったり、効果が弱いものが多いですよね。

気休めにはなりますが、ワキガの対策としては、弱い気がします。

かといって、強力に臭いを抑えるものなどと考えると、肌にダメージを与えないか心配です。
ワキガケア用品
次のような商品もあります。

ワキガの方向けに作られた商品です。
無添加・天然成分配合で肌にやさしいのに、除菌率が99%と高い商品です。

子供でも安心して使えます。ワキガだけでなく、足臭、デリケートゾーン、汗臭にも使用できます。

  • ラポマイン

    ラポマイン

    肌が乾燥しすぎると、肌を潤そうと皮脂腺が働き皮脂を多く分泌してしまいます。皮脂は臭いの原因になってしまいますよね。ラポマインは、このことに注目し、保湿に力を入れた、うるおい系の制汗デオドラントです。ワキに潤いを与えて、余分な汗や皮脂の分泌を抑えます。柿渋エキスで臭い抑え、薬用成分で汗と皮脂をブロック。無添加・低刺激なので肌に優しいです。デリケートゾーンの臭い対策にも使えます。

  • わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    「クリアネオ」クリームは、殺菌効果が高いのでワキガの方におすすめのクリームです。
    無添加・無香料、天然成分で出来ているので肌にやさしいクリームです。
    殺菌成分だけでなく、汗を抑える7種類の天然植物エキスも配合されています。
    さらに、柿渋エキスも配合。
    柿渋に含まれる柿タンニンという成分は、抗酸化作用を持っています。
    抗酸化作用がある物質は、臭いの原因になる活性酸素を抑えてくれます。
    足臭・汗臭・デリケートゾーンにも使用できます。

普通の汗の臭いの場合は、よく売られているデオドラント商品で充分かもしれませんが、ワキガや臭いがキツイという方は、このような商品を試してみることをお勧めします。

耳あかの状態を見てみよう

子供がワキガ体質かを知りたい場合は、耳あかの状態を見ると1つの参考になります。

ワキガ体質の方は、耳あかが湿っていることが多いです。耳あかが湿っている=ワキガというわけではありませんが、耳の穴は、アポクリン汗腺が多い箇所です。

耳あかが湿っている場合は、アポクリン汗腺が活発に働いているという目安にはなるでしょう。

お風呂上りは、水が入って耳が湿っていることが多いので、それ以外の時に見てみるとよいでしょう。

食事にも気を遣おう

部活でスポーツをしている子供や、成長期の子供がいると、ついついボリュームのある食事を作ってしまいますよね。

ハンバーグ、唐揚げ、カレーライス・・・どれも、子供の大好物。

乳製品、脂肪分が高い食事、肉類中心の食生活は、臭いの原因になるアポクリン汗腺や皮脂腺の働きを活発化させてしまいます。

肉や乳製品などの動物性脂肪中心の食事ばかり作っているという方は、食生活を見直してみましょう。

洋食より和食がおすすめです。バランスが取れた食事を心がけるようにしましょう。
食生活の見直し
これは、ワキガだけでなく、加齢臭などの体臭全般の対策にもなります。