ワキガ手術は、保険の適用ができる場合とできない場合があります。保険が適用できない場合は、30万円くらいかかり、全額、本人の負担となってしまい、治療費が高くなります。

保険が適用されれば、5万円くらいで手術出来るようです
保険が適用されるかどうかは、病院や手術方法、医師の方針などによって違います。

ワキガ手術を考えている方は、治療費のほかに、手術の方法についても考えておいた方が良いです。

ワキガ手術を行っている病院は、全国に多数ありますが、手術の仕方は、病院によって違います。

ワキガ手術は、原因となる汗腺類を取り除いていく手術だそうですが、その方法には、いろいろな方法があり、古い方法で行う病院もあれば、最新の方法で行っている病院などがあります。

また、手術を行う医者の技術力もさまざまです。
難しい手術の場合は、医師の技術力に左右されやすいです。

最悪の場合、傷跡が残ってしまったり、後遺症が残ったり、綺麗に取り除けなくて、治療効果が得られないという場合もあります。

思ったような効果が得られなかった場合は、高い治療費が無駄になってしまうこともあります。

手術を考えている方は、保険適用される場合とされない場合がある、手術の方法は1つではない、医師により技術力が違うという点も考えながら病院選びをしてみてはいかがでしょうか。

ワキガは軽度の方から重度の方までいらっしゃいますから、まずは、自分で出来ること(食事の改善やデオドラントなど)から始めてみるという方法もあります。