体臭がキツイ人を、ワキガだと思う方もいらっしゃるみたいですが、体臭がキツイ=ワキガではありません。

体臭(ワキガ以外)は、誰にでもあるもので、人が食事や活動など生活をしていれば、体からニオイが、発生するものです。

体臭は、人の営みにおいて、不要になった排泄物がもとになる臭いです。
食べ物や体調、生活習慣、ストレス、汗などが影響して、体臭が臭くなります。

ワキガは、体質ですから、体臭のように簡単に改善することは難しいものです。

体臭(ワキガ以外)は、エクリン汗腺からでる汗や体調不良(肝機能の低下など)が原因です。

汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。

エクリン汗腺は、全体に分布しています。

エクリン汗腺から出る汗は、ほぼ水分で、ニオイはあまりありませんが、臭い物質も少し含んでいます。
ですから、たくさん汗をかくと汗臭くなります。

また、全身に分布している皮脂腺からでる分泌物量が増えると、エクリン汗腺から出る汗が臭くなります。
脂っこいものをたくさん食べていると、皮脂腺からの分泌量が増加し、汗の臭いも臭くなるのです。

ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗腺から出る汗の臭いです。

ワキガ体質の方は、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の量が他の人より発達し、活発に活動しています。

アポクリン汗腺は、ニオイがある汗を作ることを役割としていますから、アポクリン汗腺が活発に活動していれば、ニオイを防ぐことは難しいです。

アポクリン汗腺は、ワキの下、へそ周り、耳の外耳道、乳首(や乳輪)、性器、肛門周りなど体の一部に分布しています。

ワキガは、ワキガ(ワキ)、すそワキガ(陰部)などのように体の一部分から発せられる、普通の汗の臭いとは別の強烈なニオイです。

ワキガだと手術が必要なの?

ワキガ体質の人は、皆、手術をしないといけないのか?といえば、そうではありません。

日本では、ワキガ体質の人が少ないから、とても目立ってしまいますが、海外に目を向けてみましょう。

白人や黒人の方は、ほとんどの方が、ワキガ体質だと言われています。

ですが、海外で、ワキガ手術をされる方は、ほとんどいないそうで、ワキの臭いは、生理現象の1つと捉えられているようです。

だからといって、何もケアしないわけではありません。
むしろ、気を使って日常的にケアをしています。

例えば、白人や黒人の方と、街ですれ違った時、不快な臭いはしますか?
私の経験から言うと、むしろ、いい香りがすることの方が多いです。

海外では、制汗剤や香水、デオドラント商品を使用したり、出かける前にシャワーを浴びるなどして体臭をケアしている人が多いのです。

デオドラント商品も豊富で、売り場も日本より、たくさんの商品が並んでいるそうです。

つまり、汗を抑えたり、洗い流すことによって、臭いをコントロールすることは出来るということです。

食事の改善や、専用の石鹸、デオドラントの使用などの方法があります。

ワキガだったとしても治療が必要なほどの重症でないケースは、自分でケアを日常的に行うことで対処できます。

ワキガにお悩みの方は、まずは、自分で出来ることから始めてみてはいかがでしょうか?