スメルハラスメントという言葉を聞いたことはありますか?

スメル=臭い ハラスメント=嫌がらせ
つまり、体臭などの臭いによって、相手に対して不快な思いをさせることです。

職場の上司が臭くて仕事に集中できないとか、仲の良い友達の口臭が酷くて、会話するときに困るなど、身近な人の臭いで、不快な思いをされたことがある人も多いのではないでしょうか。

臭いが臭い人がいて、とっても困っている、これってスメルハラスメントで訴えることは出来るの?

自分の体臭が臭いけど改善が難しい、スメルハラスメントになって、セクハラみたいに訴えられるということがあるの?

そんなことを思った方はいらっしゃいませんか?

結論から言うと、体臭がキツイからといって訴えることはできませんし、訴えられるなんてことも、ありません。

ただ、別のケースは考えられます。
スメルハラスメント
いくら職場の上司が臭いからといって、“あの人は、ドブの臭いがする、歩くドブだ“などと触れ回ったり、机の上に芳香剤や消臭剤を置いたりなどの嫌がらせを続けていると、相手を追いつめてしまって、慰謝料を請求されたり、名誉毀損で訴えられることがあるかもしれません。

  • ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    「臭ピタッ!」は、一日一粒飲むことで、気になる臭いをリフレッシュすることを目的として開発された消臭サプリメントです。
    この消臭サプリは、「森に入ると空気がさわやかなのは、樹木の周期成分が様々な臭いの分子を包み込んで隠してしまうから」という効果に着目しており、「シソの葉」「柿の葉」「ヨモギの葉」「人参の葉」「サンショウ」「キダチアロエ」などの様々な植物の有効成分を凝縮して1粒のサプリメントに含めたものになります。
    口臭・体臭・加齢臭が気になる人にとって、この「臭ピタッ!」は、今もっともおすすめできるサプリメントだといえると思います。

スメルハラスメントは伝えづらい

スメルハラスメントと言われて迷惑がられる主な臭いは次のようなものです。

  • 体臭
  • 加齢臭
  • 口臭
  • ワキガ
  • 香水
  • 柔軟剤

香水、柔軟剤は別として、体臭は誰にでもあるもので、加齢臭は、歳をとると発生してしまいます。
また、ワキガも、体質によるものなので、本人の意思ではありません。

ですから、臭いから気を付けてとは、他人には、なかなか言いづらいものです。
しかも、体臭は、自分では気づきにくくなっています。
口臭はわかりづらい
鼻には、臭いに慣れるという性質があるため、いつも嗅いでいる自分の体臭は、分かりづらいのです。

特に口は、鼻の近くですから、口臭は、自分で嗅いでみても、臭いのか臭くないのかよくわからないという人がほとんどです。

臭いを発している人が、悪気はないため伝えづらい、でも、臭くて非常に困っている。
臭いをケアするのは、マナーやエチケットの一つだろう。

そんな想いから、スメルハラスメントという言葉が、広まったのでしょう。

スメルハラスメントという言葉が広まったことにより、臭いケアをしないといけないなと感じた人も多いでしょう。

臭いは、周りに非常に迷惑になることがあるということを、認識することが大事ですね。

見た目も大事

体臭は消せないものですが、気を付ければ改善することができます。

例えば、食生活を変えてみたり、体臭防止専用の石鹸を使ってみたり、制汗剤などを使用してみてもよいでしょう。

また、見た目に気を付ける事もとても大切です。
汚らしい服装をしていると、それだけで、「くさい」というイメージを持たれてしまいます。

逆に、清潔感ある服装や仕草をしていれば、そういう風にみられるのです。

以前、職場の事務所内に、ニンニクの臭いが充満して、臭いことがありました。

営業から事務所に戻ってきた社員は、口々に、「ニンニク臭い」と言います。

職場には、小太りで飲み食いが好きな中年の男性社員がいるのですが、私は、てっきり、その男性社員が昨日飲み会に行ってニンニクを食べたためだろうと思っていました。

でも、近くにいた女性社員が、小声で「実は、昨日、にんにくを丸ごと調理して食べてしまった」と気まずそうに言ったのです。

その女性社員は、いつも清潔にしていて、綺麗なイメージなので、臭いの発端が彼女だとは思いもしませんでした。

疑ってしまった男性社員には、悪かったですが、やはりイメージというのは大事です。

香水や柔軟剤もスメルハラスメントになりかねない

臭いを隠したいがために、香水や柔軟剤を使用する人がいます。
ですが、香水や柔軟剤も使い方によっては、スメルハラスメントになってしまいます。
香水の香り
香水は、つけすぎるとキツイ香りになってしまいます。

また、汗や加齢臭などの体臭と混ざると、いい香りではなく、変な臭いになってしまって、不快な臭いをまとうことになります。

柔軟剤も同じです。

体臭対策は、香りで隠せばよいわけではありません。
まずは、自分の臭いの原因を知って、その原因にたいして対策することが大事です。
体臭ケア
20代なら汗臭、30~40代ならミドル脂臭や加齢臭、40~50代なら加齢臭、お年寄りなら老人臭といったことが原因となっていることが多いです。

また、頭・口・ワキ・デリケートゾーン・足などが臭いやすい箇所です。
臭いの原因を見つけて、それに対応している石鹸類やクリーム、デオドラントなどを試してみましょう。

相手と良い関係を築くためにも、服や身だしなみだけでなく体臭もケアすることをおすすめします。