香水の匂いは好きですか?

実は、香水の香りは、度がいきすぎると、スメルハラスメントになりかねません。

日本人は、においに対して、とても敏感です。

ワキガの臭いは、日本では、とても嫌がられますが、白人や黒人が多い海外の国では、そこまでではありません。

というのも、白人や黒人の方は、黄色人種に比べ、ワキガ体質の方が多いからです。

体臭があるのは、自然なこととして、受け入れられています。
その代わり、香水やデオドラントを取り入れて、臭いをケアしています。

海外では、香水をつける人も多く、香りを楽しむ感じがありますが、日本人は、どちらかというと、無臭を好みます。

臭いにそこまで慣れてないのです。

ですから、香水をつける時も、注意が必要です。

少量をつけ、ほんのり香る程度にとどめておきましょう。

キツイ香りがするよりは、少し物足りないくらいが、良いです。
ふとした瞬間に、良い香りがほんのりするというのが、おすすめです。

日本人は、自己主張が強い人より奥ゆかしい感じの方が好まれる傾向があります。
香りも同じです。

体臭を香水でごまかすというのは、おすすめできません。
体臭と混ざって変な臭いになってしまいますし、体臭を香水の香りで消そうとして、大量につけ、キツイ臭いになってしまいます。

特に、鼻が悪い人は、気をつけましょう。
自分にとって調度よくても、他人には、キツイ香りかもしれません。

香水をつける時は、相手にとって良い香りかな?というのを気にしてみて下さい。

体臭がキツイ人は、香水の香りが混ざって変な香りになることがありますから、つけない方が、良いこともあります。