親知らずとは、智歯とも呼ばれていて、奥歯の中でも最も奥に位置する歯のことです。

私たち日本人のアゴは年々細くなっている(口が小さくなってきている)こともあり、四隅に位置する親知らずは生える十分な隙間がないことから、ほぼ抜かれる運命にあります。

まっすぐに生えた親知らずは抜きやすいのですが、生えるスペースがないことから、横向きに生えてきたり、埋没したままの親不知も多いです。

そんな場合は、入院して親不知を抜歯手術するケースもあるため、親知らずの抜歯は、人生においてかなり大変な一大イベントになります、、汗

ただし、一難去ってまた一難なのですが、親知らずを抜歯した箇所は恐ろしく臭いがするのです。

これは例外はほぼないため、親不知を抜くときは事前に覚悟しておいた方が良いです。