耳垢が臭い
ある日、耳垢を嗅いでみたら、臭くて臭いが気にるという方はいませんか?

耳垢は、剥がれ落ちたもの皮膚の角質(垢)や、耳の中の毛、空気中のホコリなどでできています。
ですから、耳垢が臭うことはあります。

耳垢が、とても臭いと感じたら、それは、体質または、耳の炎症と考えられます。

耳垢には汗腺や皮脂腺が多い

体質による耳垢の臭いについて書いていきます。

皮膚には、汗腺と皮脂腺があります。

汗腺には、2種類がり、エクリン腺とアポクリン腺があります。
エクリン腺から出る汗は、サラッとした汗で、そのほとんどが水分なので、臭いはあまりしません。

一方、アポクリン腺から出る汗は、粘り気があり、タンパク質や脂質、アンモニアなどを含んでいるため臭いがします。

エクリン腺は、体全体に分布していますが、アポクリン腺は、耳の穴、ワキの下、へそ周り、乳首、性器など特定の部位にあります。

ですから、アポクリン腺が多い、ワキの下や性器などは、臭いやすいのです。
アポクリン腺は、ワキガの原因ともいわれています。

よく、ワキガ体質かどうかということを判断するときに、耳垢の状態がどうかということを言われます。

耳の穴は、アポクリン腺が多い部位になりますから、アポクリン腺が活発だと、耳垢が湿っている傾向にあります。
耳垢が臭い原因
他の人の耳垢など気にしたことがある人は、あまりいないとは思いますが、耳垢の状態は、乾いている人と湿っている人がいます。

耳垢が、湿っている人はワキガ体質の可能性が高いと言われているのです。(※湿っているからと言って、必ずしも、ワキガというわけではありません。)

日本人の場合、乾いている人が約84%、湿っている人が約16%といわれており、ワキガ体質の人は、白人や黒人が多い国と比べると少ないです。

だから、ワキガの臭いが目立ちやすく、ワキガを気にしやすいため、ワキガ手術などがあります。

海外の場合、ワキガ体質の方が多いので、ワキガ手術などは、あまりせず、香水や臭いケアで対処される方が多いです。

耳には、皮脂腺も多く存在します。皮脂腺は、皮脂を分泌する腺です。

皮脂腺が多いとアポクリン腺からの分泌物の臭いをよりキツくします。
耳の穴は、皮脂腺とアポクリン腺が多い場所なので、アポクリン腺が活発なワキガ体質の方は、耳垢も臭いやすくなるでしょう。

耳垢が乾いているか、湿っているかによって、耳掃除の仕方は、異なってきます。

乾いている方は、耳かき棒を使う人が多く、湿っている人は、綿棒を使う人が多いです。

ちなみに、私の場合、耳垢が湿っているので、あまり耳かき棒を使用したことがありません。

耳の炎症により耳垢が臭くなる

耳に炎症があると、耳が傷ついてバイ菌が入ったり、膿がたまったりして、臭うことがあります。
耳の炎症
耳の炎症で、よく知られているのは、中耳炎や外耳炎です。

中耳炎は、風邪や鼻のかみすぎなどが原因で、鼻から耳に菌が入り炎症を起こし、耳が痛くなったり、聞こえが悪くなるといった症状がでます。

外耳炎は、耳の穴から鼓膜までの間の部分に炎症を起こすことで、耳掃除のしすぎなどが原因になったりします。

中耳炎や外耳炎になると、耳からの分泌物や膿がでる耳だれというような症状が起きることがあります。

耳だれや耳に炎症がある場合は、すぐに耳鼻科を受診することをおすすめします。

耳掃除のしすぎは注意

耳掃除が気持ちが良くて癖になるという人も多いと思います。

私も耳掃除が好きで、頻繁にしてしまいますが、耳掃除のし過ぎは、外耳炎の原因になってしまいます。
耳掃除しすぎ注意

耳掃除は、しすぎると、耳の中を傷つけ、傷ついたところから細菌感染などをして炎症を起こしてしまうことがあります。

耳掃除は、1ヵ月に1回程度でよいといわれています。
耳垢が詰まって聞こえなくなるのでは?と思われる方もいますが、心配しなくとも、耳垢は自然に排出されるようになっています。

とくに、耳垢が乾いている人は、外に自然に排出されやすいそうです。
ただ、耳掃除で耳垢を奥に押し込んで、逆に取れなくなってしまうということもあります。

耳掃除をするときは、耳かきや綿棒を奥まで入れすぎないようにしましょう。
外側から1センチくらいの場所までを掃除するとよいでしょう。

耳の中や耳垢について、違和感を感じたら、耳鼻科へ相談しましょう。

耳垢が臭いときの対処法

まず、耳に炎症や違和感がある方は、病院を受診し、治療することが第一です。

体質により耳垢が臭いやすいかたは、食事改善などを行ってみてはいかがでしょうか。

高カロリー・高たんぱくの食事や動物性脂肪が多い食事は、皮脂腺を活発化したり、臭いの元を作り、臭いを悪化させる原因になります。

ストレスや不規則な生活、過度のアルコール摂取やタバコも体臭にはよくありませんから、控えるようにしましょう。

耳の掃除はしていますか?

耳の中を水やお湯で洗う必要はありません。水や雑菌が入る可能性があるからです。

耳まわりは、洗うことができますね。特に耳の後ろは、汚れがたまりやすい部位なので、しっかり洗うようにしましょう。

耳の穴付近は、石鹸を使用したり、水で洗ったりすると、石鹸や水が耳に入ることがあり危険です。
耳垢臭い対処法
耳の穴付近や耳を洗う時は、次のような方法がおすすめです。

まず、綺麗なタオルを、お湯または水で濡らし絞ります。
そのタオルで、耳の穴の入り口付近や、耳の入り組んだところ、耳周辺をよく拭いて綺麗にしていくという方法です。

耳垢が臭うのは、体質ということもありしかたがないこともあります。

その場合、食生活や生活習慣の改善、耳周りの掃除で対処するとよいでしょう。
耳穴の掃除のしすぎは、外耳炎の原因になりますから、気を付けてくださいね。

病気が原因の場合は、医者に診てもらい治療しましょう。