疲れがたまっている方は、疲労臭に注意が必要です。

疲れてくると、おしっこのような臭いが体からする人はいませんか?
疲労臭は、アンモニア臭なので、鼻にツンとくるような臭いです。

おしっこの臭いに例えられることが多いです。
体臭でよく知られているのは、加齢臭ですが、加齢臭と疲労臭は、原因も臭いも違います。

加齢臭は、ノネナールが原因で、古本やロウソクのような臭いに例えられます。

疲労臭の原因は?

疲労臭がでるのは、疲れがたまったときです。
例えば、次のようなときです。

・過剰なアルコール摂取
・肉体労働
・過度な運動
・ストレスによる精神的疲れ

肉体的に、精神的に疲れがたまると、肝臓や腎臓の機能が低下してしまいます。
通常、体内でアンモニアが発生すると、内臓で分解され、尿となり、体外に排出されます。

しかし、疲労により内臓機能が低下すると、分解や尿からの排出がうまくいかず、血液と一緒に体中をめぐることになります。

それが汗となって体外に分泌されることで、体からアンモニア臭がするようになるのです。
これが疲労臭です。

疲労臭の対策は?

疲労臭の対策をとるなら、やはり疲労解消と、疲れをためないような生活に変えることでしょう。

ストレスを減らし、規則正しい生活を送るようにします。
アルコール摂取量が多いと肝臓に負担をかけますから、アルコール摂取も控えましょう。

食生活を見直すなら、オルチニンとクエン酸を含む食材がおすすめです。
オルチニンは、アンモニアの分解を助けてくれます。食材だと、シジミやチーズなどに含まれています。

クエン酸は、疲労回復に良いです。レモンや梅干しなどに含まれています。

そういえば、お酒を飲む際に、レモンを入れると二日酔い防止になると聞いたことがあります。
二日酔いの時に、レモン水を飲むと、回復が早いともいわれています。

二日酔いの原因は、肝臓がアルコールを分解する際に出るアセトアルデヒドが、血中に増加することによるものです。

レモンに含まれるビタミンCは、このアセトアルデヒドを減らす働きがあります。
また、レモンに含まれるクエン酸は、肝機能を改善してます。

どうしてもお酒を飲まないといけない状況なら、レモンの力を活用してみても良いでしょう。

あなたは、シャワー派ですか?風呂派ですか?
疲れがたまっているときは、シャワーより風呂に入浴するほうが、血液の循環が良くなり、疲れが取れやすいです。

熱めのお湯を好む方もいますが、疲れをとるには、ぬるめのお湯(38~40度くらい)に、ゆっくりとつかるとリラックスできて疲れが取れます。

疲労回復には、やはり睡眠がかかせませんので、十分な睡眠が必要です。

疲労臭におすすめのデオドラントは?

疲労臭対策には、ミョウバンが配合されたデオドラントが向いているといわれています。

  • 【デオラボ】デオドラントクリーム

    【デオラボ】デオドラントクリーム

    デオラボイオンクリアは、ミョウバン、緑茶エキス、サリチル酸ナトリウムで、ワキガや体臭を対策するクリームです。ミョウバンには、消臭作用、殺菌作用や制汗作用があるといわれています。サリチル酸ナトリウムには、殺菌作用があります。緑茶には、カフェインやビタミンCやEが含まれているので、体臭を抑制する作用があります。体臭やワキガを自分で対策したい方におすすめです!