夏が近づくと汗の酸っぱいニオイが気になりますよね。

満員電車の中など密閉された空間にこの汗の酸っぱい臭いが充満していると、他人が臭いのか、それとも自分が臭いのかすらわからなくなります。

たいていの臭いには我慢できたとしても、汗の酸っぱいにおいだけは我慢できないって人は結構な数います。

この酸っぱい汗の臭いですが、何が要因で発生するニオイなのでしょうか?
またこの嫌な臭いを抑える方法や対策はあるのでしょうか?

酸っぱい汗の臭いが発生する原因と対策についてまとめてみました。

酸っぱい汗の匂いの原因は「乳酸」

汗の臭いですが、大きく分類すると2種類の臭いに分けることができます。

  • 脂ギッシュな臭い
  • 酸っぱい臭い

の2つですね。

汗腺の種類は、「エクリン腺」と「アポクリン腺」と「皮脂腺」の3つからなりますが、脂ギッシュな臭いは、「皮脂腺」から、そして酸っぱい汗の臭いは「エクリン腺」から出ていると考えられています。

本来、エクリン腺から出る汗は、成分の99%が水分でサラサラしていて本来は無臭なのですが、なんで酸っぱい臭いがするかというと、エクリン腺の汗に含まれる疲労物質「乳酸」が大きく影響していると考えられています。

汗となって体外に出た乳酸が、皮脂と結びつくことで、酸っぱい臭いの汗になってしまうのです。

子供のころ、体育の後に教室中が酸っぱくて据えた臭いがしていた記憶がある人もいると思いますが、これは激しい運動をした結果、疲労物質「乳酸」が大量に生成されてしまい、それがそのまま汗となって体操服に付いてしまったことが原因なんだったんですね。

つまり、乳酸の発生を防げば、酸っぱい汗のニオイを少なからず抑えることができるということになります。

「乳酸」の発生を抑えるために、血液循環を良くしてあげよう

それでは、どうすれば「乳酸」の発生を抑えることができるのでしょうか。

乳酸は、体内の酸素不足による不完全燃焼により発生します。

つまり体中に可能な限り酸素を供給することが重要になるため、全身の「血液の流れ」を良くしてあげることが、酸っぱい汗のにおいを減らすためには効果的だということになります。

血液の循環を良くする方法としては、

  1. 規則正しい生活をする
    睡眠時間をたっぷり取り、適度な運動を習慣化する。このようにストレスを感じないような生活を心がけることが重要です。
  2. 身体を冷やさない
    半身浴はおすすめですね。身体を冷やさない服装を心がけることも重要です。
  3. バランスのとれた食生活を心がける
    水分をしっかり摂取し、血液がサラサラになる(ドロドロにならない)食事を心がけることが大事です。

などが効果が高いといわれています。

酸っぱい汗のにおいの原因物質である「乳酸量」を減らすため、「血液の流れ」を良くすることを心がけてください。

血液循環を良くすることに加え「制汗剤」の併用もおすすめ

  • デオプラスラボ

    デオプラスラボ

    酸っぱい汗のにおいを抑えるために、制汗剤も活用しましょう。
    酸っぱい汗臭さにもっともおすすめな制汗剤が、この「デオプラスラボ」です。
    血液循環を良くすることに加え、制汗剤「デオプラスラボ」を併用することで、より酸っぱい汗のにおいを抑えることが可能になります。

「デオプラスラボ」は携帯できるサイズなので、「あ、今酸っぱいにおいがしてるかも」と感じたときにすぐに使用することで、夏でも酸っぱいにおいを気にせず、安心して過ごすことができると思います。

酸っぱい体臭は「糖尿病」の可能性もあるため油断は禁物!!

以上、ここまで酸っぱい汗のニオイが、エクリン腺の汗に含まれる疲労物質「乳酸」が原因だということをお話しました。

乳酸が出るのを抑えることで、酸っぱい汗臭さを押させることができますね!

ただ、それ以外にも、酸っぱい体臭の原因があるため、安心はできません。

それが糖尿病のケースです。

糖尿病の症状がある場合、酸っぱいにおいの原因物資である「ケトン体」が体内に増えてしまうため、口や体全体から酸っぱい(or甘酸っぱい)臭いがするのです。

過度なダイエットを行っても、血中にケトン体が増加してしまうため、同様に酸っぱいにおいするがするようになりますが、それは過度なダイエットを辞めれば収まってくるので心配はありません。

問題は糖尿病の場合です。

糖尿病に気づかずに放っておくと、症状が悪化してしまい取り返しのつかないことになってしまう可能性が高いため、「汗だから臭くて当然」と症状を軽視し放置せずに、「酸っぱい臭い」がいつまでも続くようであれば、早めに病院で診てもらった方がよいでしょう。