おならやウンコをしたら、臭いがキツイ、悪臭がしたということはありませんか?

便が臭うのは普通のことです。
しかし、その臭いがキツかった、悪臭だったというような場合は、腸内環境が悪化している可能性があります。

便を観察することで、健康状態がわかるということを聞いたことはありませんか?

今回は、便の臭いが強烈な場合の考えられる原因と対策について書いていきます。

  • ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    「臭ピタッ!」は、一日一粒飲むことで、気になる臭いをリフレッシュすることを目的として開発された消臭サプリメントです。
    この消臭サプリは、「森に入ると空気がさわやかなのは、樹木の周期成分が様々な臭いの分子を包み込んで隠してしまうから」という効果に着目しており、「シソの葉」「柿の葉」「ヨモギの葉」「人参の葉」「サンショウ」「キダチアロエ」などの様々な植物の有効成分を凝縮して1粒のサプリメントに含めたものになります。
    口臭が気になる人にとって、この「臭ピタッ!」は、今もっともおすすめできるサプリメントだといえると思います。

健康な便はどんな感じ?

健康な便の状態は、バナナのようなウンコと言われています。

硬すぎたり、軟らかすぎたりせず、太いすぎず、軟らかすぎず、色は茶色系、排便時も、いきんだりしなくとも、ストンといった感じでスムーズに出る便が健康な便だそう。

食べたものにより、色や量は、変わることがありますが、1日の量は、バナナ1~2本分くらいです。

食べたものが、便の色に影響することもあります。
バリウムを飲んだ後の便やイカスミを食べた後の便などは、色が普段と違うでしょう。

しかし、便に血が混ざったり、内臓の出血のせいで便が黒くなったりするここともありますので、便の色が、赤色、黒色、灰白色といった場合で、食べたものの影響ではないというような場合は、病院を受診された方が良いでしょう。

便の強烈なニオイの原因は?

便に、臭いがあるのは普通のことです。
便の臭いが、かなり臭いなと感じたら、原因は、次のようなことが考えられます。

・腸内の悪玉菌が増加している
・肉などのタンパク質を多くとっている
・口や胃での消化不足
・便秘
・病気によるもの

便の臭いは、食べ物を腸内細菌が分解することにより作られます。

腸内の悪玉菌によりタンパク質が分解されることで、アンモニアやインドール、スカトールといったニオイの元が発生します。

そのため、腸内に悪玉菌が多い人、肉を多く食べる人は、タンパク質を分解することが多くなって、その分ニオイも強くなります。

食事を食べるときに、よく噛んで食べていますか?

唾液には、消化作用がありますが、あまり噛まずに早食いするというような人は、口の中での消化が十分でないため、未消化の食べ物が、腸内にたまり、腐敗してニオイが臭くなります。

ストレスにより臭いがキツくなることもあります。

胃では、消化酵素であるペプシンがタンパク質を分解しますが、ストレスが多くなると、ペプシンの分泌量が低下し、消化が悪くなり、ちゃんと消化されずに腸内へ運ばれて、腐敗して臭いが臭くなります。

便秘になると、腸内に便が長期間たまった状態になり、腐敗が進み臭いがキツくなります。

食中毒や腸の病気でも便が臭くなることがあるそうです。
病気が疑われる場合は病院へ行きましょう。

便の臭いを改善するには?

臭いが病気によるものの場合は、病院へ行かないといけませんが、生活習慣による場合、便の臭いを改善するには、次のようなことをしてみるとよいでしょう。

・食事の改善
・腸内環境を整える
・よく噛んで食べる
・運動をする
・ストレスをためない

肉類や脂肪が多いような食べ物の食べ過ぎは控えるようにしましょう。

便秘の場合は、食物繊維が多い食事を心がけるとよいです。
食物繊維が多く含まれる食材は、野菜類、イモ類、海藻類、豆類、果物、きのこ類、玄米などです。

また、腸内環境を整えるために、善玉菌を増やすような食事も取り入れてみましょう。
ヨーグルトやチーズなどの乳酸菌、大豆、バナナ、ごぼうなどのオリゴ糖、先に挙げた食物繊維などを摂取しましょう。

よく噛んで食べることは、胃や腸にかかる負担を減らしてくれます。

便秘は、運動不足やストレスが原因の場合があります。
運動不足やストレスにより、排便に大切な腸のぜん動がうまくいかなくなくなることもあるのです。

便秘がちだというかたは、便秘の改善もあわせて行うとよいでしょう。