体からアンモニアのニオイがして臭いという方はいませんか?

アンモニアといえば尿臭を思い浮かべる方も多いです。
アンモニアの臭いは、鼻にツンとくる刺激臭です。

加齢臭では?と勘違いする人がいるようですが、加齢臭は、ロウソク、古本、チーズなどに例えられるような臭い、油臭い臭いですから、アンモニア臭とは異なります。

体からアンモニア臭がしたら、肝臓が弱っているかもしれません。

疲れてくると、肝臓の機能が弱まり、体からアンモニア臭がすることがあるのです。
そのため、アンモニア臭は、疲労臭などと呼ばれることもあります。

今回は、なぜ体からアンモニア臭がするのか?肝臓の働き、アンモニア臭対策について書いていきます。

  • 薬用柿渋石鹸

    薬用柿渋石鹸

    茶カテキンで嫌な臭いに素早くアプローチし、柿タンニンで臭いケアを持続させるWパワーで体臭対策をする石鹸です。殺菌作用がある薬用成分イソプロピルメチルフェノールが臭いの原因になる雑菌の増殖を抑えます。体臭対策は、皮脂を落とし過ぎないことも重要です。薬用柿渋石鹸は、ヒアルロン酸、コラーゲン、オリーブ油、スクワランなどの保湿成分も配合されているので、しっとりした洗い上がりが期待できます。
    女性にもおすすめの石鹸です。

肝臓の働き代謝機能

肝臓には、タンパク質を代謝する機能があります。

私たちは、タンパク質を含んだ肉や魚などの食べ物食べますよね。
ですが、そのままでは、体は利用することができません。

食べ物が含んでいるタンパク質は、小腸において、アミノ酸に分解され、吸収されて、肝臓に運ばれます。

運ばれたアミノ酸は、肝臓で、体が利用できる様々なタンパク質に合成されて、体の各組織へ送られます。
いらなくなったアミノ酸は、分解されて、アンモニアとなり、尿素となり、尿となって体外に排出されます。

肝臓の働き解毒機能

肝臓には、体に有害な物質を解毒する作用があります。

食べ物の中のタンパク質が、腸内で悪玉菌に分解されるのですが、そのときに、アンモニアなどの有害物質が発生します。

肝臓には、それらの有害物質を解毒して尿として排出する作用があります。

肝臓の機能が低下すると体からアンモニア臭がすることがある

上記のような肝臓の機能(代謝や解毒)が低下すると、血液中のアンモニアの濃度が高くなり、汗としても排出され、アンモニア臭となってしますのです。

肝臓の機能が低下するような原因をつくっていませんか?

例えば、次のようなことです。

・アルコールの過剰摂取
・食べ過ぎ
・運動不足、過剰な運動
・ストレスや睡眠不足

アンモニア臭対策は疲れをとること

アンモニア臭は、疲労臭ともいわれており、疲労を蓄積しないことが大切です。

上記のような、肝臓機能が低下するような習慣を見直したり、入浴して疲れをとったりしてみましょう。

ぬるめのお湯(38~39度くらい)につかると、副交感神経が働き、リラックス効果がありますよ。

ここでは、疲れや肝臓に良い食品をご紹介します。

疲れや肝臓に良い食品

クエン酸を含む食べ物
 ・酢
 ・レモン
 ・梅干し
 ・グレープフルーツ
 ・いちご
     など

クエン酸を含む食べ物は、疲れを取るのに効果的な食べ物です。

オルニチンを含む食べ物
 ・シジミ
 ・エノキダケ
 ・チーズ
 ・マグロ
    など

オルニチンは、肝臓の解毒作用を助けてくれます。

アンモニア臭がしてきたら、肝臓機能の低下や疲労蓄積のサインかもしれません。

体の異常や病気が疑われる場合は、早めに病院受診をしましょう。