たまたま目の前の人がしたクシャミ。
そのクシャミの飛散物が自分に降りかかってきたとき、「うわ、クサイ!!」と顔をしかめた経験はないですか?

くしゃみってどうしてあんなに臭いんだろう・・・
実は多くの人が、他人のくしゃみの臭いがクサ過ぎてショックを受けた経験を持っています。

ですが、あなたのクシャミの臭いも同様に周りの人にクサイと思われている可能性はあるので、くしゃみの臭いは決して他人事ではないのです。

くしゃみのがクサイ原因は何なのでしょうか?
そしてクシャミの臭いを押させる対処法はあるのでしょうか?

  1. ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ」

    ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ」

    「臭ピタッ!」は、一日一粒飲むことで、気になる臭いをリフレッシュすることを目的として開発された消臭サプリメントです。
    この消臭サプリは、「森に入ると空気がさわやかなのは、樹木の周期成分が様々な臭いの分子を包み込んで隠してしまうから」という効果に着目しており、「シソの葉」「柿の葉」「ヨモギの葉」「人参の葉」「サンショウ」「キダチアロエ」などの様々な植物の有効成分を凝縮して1粒のサプリメントに含めたものになります。
    口臭が気になる人にとって、この「臭ピタッ!」は、今もっともおすすめできるサプリメントだといえると思います。

自分のクシャミがニッキ(シナモン)臭いと感じたら要注意!

臭いクシャミにはある共通した特有の臭いがします。


  • シナモン(ニッキ)の臭い
  • ミカンやレモンやグレープフルーツなど柑橘系の酸っぱい臭い
  • 花粉の臭いを濃くしたようなニオイ

これ以外にも別の例えがあるかもしれませんが、一言で言い表すと例えようのない不快なニオイいうことになります。

これが大好きなが発した臭いだとしたら、100年の恋も冷めてしまう可能性大です。

このようにクシャミが臭う直接の原因は、クシャミの中に含まれる「揮発性硫黄化合物」だと言われています。

揮発性硫黄化合物は、英語だとVolatile Sulfur Compounds(VSC)と表現されますが、口の中の細菌が、同じく口内のたんぱく質やアミノ酸などの酵素を分解する際に発生する物質なのですが、これがくしゃみに含まれれば含まれるほど、上述のクシャミが臭い状況を作り出しているのです。

つまり、クシャミが臭い人というのは、唾・唾液自体が臭みを帯びているということです。

こうしたクシャミの臭い(唾液の臭い)を抑えるためには、

  • 口の中で「揮発性硫黄化合物」を作り出す細菌を減らす
  • 口内のたんぱく質やアミノ酸などの酵素を減らす

が対処法として考えられます。

そのために効果的なのが、舌の上にこびりついている白い物質「舌苔」の清掃と、口内の乾燥(ドライマウス)を防ぐことになります。

舌苔は、「食べ物のカス」や「剥がれ落ちた口内粘膜の細胞」が積み重なってできたものなのですが、こうした物質を栄養分として、臭い物質(揮発性硫黄化合物)が最近によって作り出されるので、過剰な舌苔は取り除いた方が口臭対策になるのです。

また、口内が乾燥しているということは、細菌の増殖を抑えるべき唾液が少なくなっているということになるので、細菌が増殖してしまい、臭い物質(揮発性硫黄化合物)の大量発生を招いてしまうということになります。

そのため、適度な「舌苔」の除去と、ドライマウス対策を行うことで、クシャミの臭さを抑えることが可能になってきます。

ただし、「舌苔」の除去を徹底するあまり、舌の上を歯ブラシで強く磨きすぎると、逆効果になってしまうので、「朝起きた直後」と「夜寝る前」の二回程度、舌専用のブラシを使って軽くブラッシングするのが効果的だと思います。

ドライマウス対策に適度に口に水を含もう

ドライマウスはいろいろな原因で起こりうる症状です。

ドライマウスになる一因としては


  • 極度の緊張
  • 蓄膿症など口呼吸による口内の乾燥
  • 噛む力の低下

こうしたドライマウスのになる原因を直接治していくことも大事ですが、こうしたドライマウス対策としては水を摂取することが即効性があります。

お茶など水分であれば何でも良いのではなく、ただの水が効果的です。

ペットボトルに入ったミネラルウォーターを常時持ち歩いて、人としゃべる時は、適度に口に水を含むというのが、クシャミの臭いを抑える対処療法としては、おすすめになります。