口を大きく開けて鏡を見ると、口蓋垂(こうがいすい)(のどちんこ)の両脇にある扁桃腺に、乳白色のものが付着しているのをみたことありませんか?

それは、膿栓といわれるものです。別名、臭い玉(においだま・くさいたま)などと言われていて、潰すと強烈な臭いを放ちます。

臭い玉は、口臭の原因にもなります。
今回は、臭い玉について書いていきます。

  • ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    ニオイのもとからリフレッシュ 「臭ピタッ!」

    「臭ピタッ!」は、一日一粒飲むことで、気になる臭いをリフレッシュすることを目的として開発された消臭サプリメントです。
    この消臭サプリは、「森に入ると空気がさわやかなのは、樹木の周期成分が様々な臭いの分子を包み込んで隠してしまうから」という効果に着目しており、「シソの葉」「柿の葉」「ヨモギの葉」「人参の葉」「サンショウ」「キダチアロエ」などの様々な植物の有効成分を凝縮して1粒のサプリメントに含めたものになります。
    口臭が気になる人にとって、この「臭ピタッ!」は、今もっともおすすめできるサプリメントだといえると思います。

臭い玉(膿栓)ができる原因は?

扁桃腺は、口から入った細菌やウイルスを殺し、体の中に侵入しないように体を守る働きをしています。

扁桃腺には、腺窩(せんか)と呼ばれる小さな穴が多数存在しています。

扁桃腺は、体を守るため、常に免疫物質を出して、のどに着いた細菌を殺します。

その殺した細菌の残骸や、食べ物のカス、白血球の死骸などが穴に溜まって、塊になったものが臭い玉(膿栓)です。

臭い玉(膿栓)ができる場所は?

臭い玉の大きさは、小さなもので1ミリくらいから、大きなものだとと数センチくらいです。

扁桃腺を確認して、見えなかったとしても、穴の奥の方に臭い玉が溜まっていることもあります。

はじめは柔らかい塊ですが、しばらくすると、石灰化して硬くなり、咳やくしゃみをしたときに、取れることがあります。

臭い玉を潰すと、強烈な臭いがします。

口臭の原因、臭い玉(膿栓)のニオイ

臭い玉の臭いは、よく下水道の臭い、ドブの臭いと表現されることがあります。

のどに白いものが付着している、違和感がある、歯磨きをしても口から臭いが消えないというよなことで、臭い玉の存在に気づく人が多いようです。

冬場は、空気が乾燥しているため、ホコリが舞いやすく、ホコリに付いた細菌が口に入りやすいため、臭い玉ができやすい季節です。

臭い玉(膿栓)の除去と予防方法

臭い玉ができるというのは、体の免疫機能が働いているためにできるものです。
ですから、健康な人でも、臭い玉ができることはよくあることです。

臭い玉は、そのまま放置するというのが一般的です。

もし除去してもらいたい場合は、耳鼻咽喉科で除去してくれるところもありますが、受診しても、そのままでよいと言われることもあります。

高熱、のどの炎症や違和感、微熱が続く、のどが張れているなど他の症状がみられるような場合は、病院受診した方が良いでしょう。

膿栓除去は、保険診療で100円くらいだそうです。(詳しくは受診する病院へお問い合わせ下さい。)

無理に自分でとると、のどを傷つけたり、のどの炎症の症状が悪化することもあるので、あまりおすすめできません。

臭い玉は、細菌の塊や食べカスなので、臭い玉を予防したいという方は、それらを減らす、例えば、うがい薬でうがいをする、食後の歯磨きをしっかりするといった方法がよいでしょう。