口の臭いが気になるという方はいませんか?
人と顔を近づけて話すと、相手の口の臭いが気になるという方はいませんか?

口の臭いなんて、他人にそんなに分かるものではないと思っていませんか?

侮ることなかれ。
他人の口臭は、かなりきつく感じるものです。

自分の口臭は?というと、口は鼻の近くにあり、鼻は、臭いに順応するという性質から、臭いに慣れてしまって、気づかないという場合が多いのです。

仕事中に、同僚の口が臭くて話すのがつらいと思ったあなたも油断はできません。
今回は、口臭の原因についてみていきたいと思います。

口臭の原因はコレ!

口臭の主な原因は、次の3つです。
虫歯
歯周病
舌苔

この他にも、内臓の機能が悪くなることで口臭することもあるそうですが、今回は、口内に注目して、見ていきます。

虫歯
虫歯は食べ物が腐ったような臭いがします。
それは、虫歯になると、歯が溶けたり、歯に穴が開いたりして、そこに食べ物のカスが溜まります。それが腐って臭いを放つのです。

なぜ虫歯になるのでしょうか?
食後、歯を磨かないと、口の中にいる細菌が、残った食べカスをエサにして酸を発生させます。この酸が、歯を溶かしてしまって、歯が欠けたり、穴が開いてしまったりするのです。

歯周病
歯周ポケットをご存知ですか?
歯周ポケットとは、歯と歯茎の境目の溝のことを言います。
歯周病になると、この溝が、どんどん深くなっていきます。

すると、そこに嫌気性菌が溜まります。
嫌気性菌は空気がないところで生きることができる菌です。

この嫌気性菌は、臭いの原因物質である揮発性硫黄化合物を作り出します。
揮発性硫黄化合物は、いくつか種類がありますが、その臭いは、腐った玉ねぎのような臭いとか、腐った卵の臭いに例えられます。

つまり、歯周病も口臭のもとになるということです。

舌苔(ぜったい)
鏡に向かって舌を出してみてください。
舌の表面に、白い苔のようなものはありませんか?

この白い苔のようなものは、口の中の細菌や食べ物のカス、はがれ落ちた粘膜細胞です。

人によって量は違いますが、だれにでもあるものですので、あまり神経質になるのも考え物ですが、これが多すぎると口臭が発生することがあります。

舌苔は、舌ブラシなどで除去できます。歯ブラシは、刺激が強すぎるので、専用のブラシを使用しましょう。
やり過ぎると、味覚障害になったりすることもあるので、ほどほどに。

いかがですか?
歯周病になったことがない、舌苔はあまりみられないという人は多いでしょうが、虫歯になったことはないという方はあまりいないと思います。

また、年齢が上がるにつれて、歯周病になる人も増えてきます。
虫歯の治療は、不快な音や、痛みを伴いますし、歯周病になると歯茎から血が出たり、歯がしみたりします。

定期的な歯科の受診も必要ですが、まずは、自分で日々ケアすることが大事です。

虫歯・歯周病の原因になる歯垢と歯石

歯垢(読み方は、しこう。プラークとも言われます)や、歯石は、虫歯や歯周病の原因になります。
歯垢は、日頃の歯磨きをしっかり行って除去し、歯石は、定期的に歯科を受診して除去してもらうことをおすすめします。

歯垢とは?
歯に白くて柔らかい塊が付いていることはありませんか?
これは、口の中に残った食べカスをエサにして増殖してしまった細菌の塊です。

この中に、たくさんの菌がいると思うと、しっかり歯磨きしなきゃと思いますよね。

歯石とは?
歯石は、歯垢を放置していると歯に付着してしまします。(歯垢の石灰化)
歯と歯茎の際のあたりに、白くて硬いものがこびりついていることはありませんか?

それが、歯石です。
歯垢のうちは、ブラッシングで取り除くことができますが、歯石は、歯ブラシで磨いても、なかなかとることができませんから、歯医者に行って除去してもらいましょう。

口臭予防には、専用の歯磨き粉を活用

歯垢を放置して歯石に変わる時間は、たった2日くらいしかないそうです。
歯磨きをしても、細かな部分は行き届かないこともありますから、日々の歯磨きを念入りに行うことが大事ですね。

毎日、歯磨きをされると思いますが、歯周病が気なる方や、口臭が気になる方は、専用の歯磨き粉やクリーナーを取り入れてみてはいかがでしょうか。
歯磨きは毎日のことですし、歯磨き粉を少し変えるだけで、口臭予防ができます。