あなたは、朝起きてすぐ歯磨きをしますか?
それとも、朝食後にしますか?

歯磨きの習慣は、人それぞれ違っていて、毎食後するという人もいれば、朝と夜しかしないという人もいます。

いつ歯磨きをするのが良いのか?何回歯磨きをすべきか?というのは、実は、歯科医師でも意見が分かれる問題です。

多くの人が疑問に思っている歯磨きのタイミングと回数を次の4点について考えていきます。

  • 食後30分以内の歯磨きは良くないのか?
  • 歯磨きは、起床後すぐか、朝食後か?
  • 歯磨きは、毎食後すべきか?
  • 一日何回歯磨きすべきか?

食後30分以内の歯磨きは良くないのか?

テレビやメディアなどで、食後すぐ歯磨きをすると、歯が溶けるので、30分待ってから磨いたほうがいいという報道がされたことがあります。

学校や家庭で、食後は、すぐ歯磨きをと教えられてきた方は、どちらが正しいのが混乱されたことでしょう。

また、30分待ってからに、歯を磨くというのも、少々面倒くさいと感じた方もいるのではないでしょうか?

学校がある方や仕事をしていれば、昼の歯磨きは、休憩時間にしますし、食べたりする時間を考えると、休憩時間が終わってしまいます。

口臭対策やむし歯予防の為には、たとえ、食後30分以内でも歯磨きする方が良いようです。

先ほどの、30分以内の歯磨きは歯が溶けるという報道は、酸蝕症(さんしょくしょう)の実験がもとになっています。また、歯の象牙質に対して行われた実験だそうです。

酸蝕症とは、酸性の食べ物や飲み物の過剰摂取で、歯が溶かされてしまう症状のことです。

一般社団法人 日本小児歯科学会によると、

“実際の人の口の中では、歯の表面は上記の実験で用いられた象牙質ではなく酸に対する抵抗性がより高いエナメル質によって被われています。したがって、このような酸性飲料を飲んだとしても、エナメル質への酸の浸透は象牙質よりずっと少なく、さらに唾液が潤っている歯の表面は酸を中和する働きがあり、酸性飲料の頻繁な摂取がないかぎり、すぐには歯が溶けないように防御機能が働いています。つまり、一般的な食事ではこのような酸蝕症は起こりにくいと考えられます。”
(引用元:一般社団法人 一般小児歯科学会

歯は、エナメル質に守られていますから、普通の食事をしていれば、それほど歯が溶けるという心配はしなくても良いということですね。

歯垢は、口の中に残った食べカスをエサにして増殖してしまう細菌の塊です。
歯垢は、虫歯や歯周病の原因になります。虫歯や歯周病は、口臭の原因になります。

口臭や虫歯を予防するためには、普通の食事をしていれば、食後30分を待たず、歯磨きをした方が、良いということですね。
ただ、酸性が強い食品の取り過ぎは、歯の為には良くないようです。

特定非営利活動法人 日本歯科保存学会によると、

“食後の歯磨きについては、歯のう蝕(ムシ歯)予防の見地から、 これまで一般的に推奨されてきた通り、食後の早い時間内に行なう ことをお薦めします。ただし、酸性の強い飲料などの飲食物を摂っ た場合には、歯の酸蝕(酸によって歯の表面が溶けること)に留意 して歯みがきすることをお薦めします(なお、「酸性飲食物を摂取後 30 分間は歯磨きを避けるべき」ということの確認はできていません)。”
(引用元:特定非営利法人 日本歯科保存学会

酸性の高い食品を摂取する場合は、少し気を付けて歯磨きをしてあげた方が良いようです。
よく噛んで唾液を分泌させたり、水でゆすいだりして、中和してあげると良いでしょう。

歯のエナメル質は、硬い歯ブラシを使用したり、強く磨きすぎたりすると傷つくことがあるそうなので、特に酸性の食品を取った場合は、力を入れすぎないように歯磨きしましょう。

強く磨きすぎると、歯茎も傷めてしまいますから気を付けましょう。

歯磨きは、起床後すぐか、朝食後か?

朝の歯磨きは、次のように意見が分かれるところでしょう

  • 起床後すぐして、朝食後はしない
  • 起床後と朝食後にする
  • 朝食後にしかしない
  • 全くしない

全くしないという人は、口臭予防には、した方が良いですよ。
唾液には、消化を助ける作用や飲み込みやすくする作用のほか、口の中を清潔にしてくれる殺菌作用があります。

この作用により虫歯を防いでくれているのですが、寝ている間、唾液の分泌量は減ってしまいます。

朝起きたときは、口の中の細菌が増えている状態なのです。起床後、口が臭いやすいのもこのためです。

ですから、起床後は、歯磨きをする方が、口臭対策には良いといえるでしょう。
ですが、朝食をとる方は、食後また歯磨きをするのに面倒だという方もいらっしゃるでしょう。
その場合は、起床後、うがいをして口の中の細菌を洗い流すだけでも効果がありますよ。

歯磨きは、毎食後すべきか?

口臭対策の為には、毎食後、歯磨きをして、口の中の食べカスや菌を除去してあげた方がよいでしょう。

しかし、お昼などは、忙しくて無理という方もいらっしゃるかもしれません。
その場合、寝る前と朝だけでも、歯磨きをするようにしましょう。

寝ている間、殺菌作用がある唾液は、分泌量が減ってしまいます。
ですから、寝る前に、出来るだけ口の中の細菌や、細菌のエサになるようなものは、取り除いてあげることが必要です。

また、起床後は、細菌が増殖していますから、歯磨きをして綺麗にしましょう。

一日何回歯磨きすべきか?

歯垢は、歯磨き後、24時間くらいで再形成されると言われています。
そのことを理由に、しっかり1回歯磨きをすればよいという方もいます。

他には、1日2回、3回が適切という方もいますし、正しい磨き方なら何回でもOKという方もいます。

歯磨きの目的を、プラーク(歯垢)の除去、細菌の除去、細菌のエサになる食べカスの除去、口臭対策と考えると、毎食後、歯を磨いたほうが良いでしょう。

寝ている間、唾液の分泌が減ることを考えると、最低でも朝晩の2回は、歯磨きをしておくべきです。

また、回数は所説ありますが、正しい磨き方で磨くことが一番重要ということは共通しているようです。

正しくない磨き方(強い力でゴシゴシ磨くなど)で、回数多く磨くと歯や歯茎を傷めてしまいますし、逆に、少ない回数だと、綺麗に除去されず、磨き足りません。

どの説を信じるかは、最終的には、自己判断になってしまいますが、最低でも朝晩の2回、正しい磨き方で磨く、食後は30分待たなくてもOKというのが有力でしょう。