あなたは、コーヒーが好きですか?

コーヒーの香りには、リラックス効果があります。
仕事中、一息入れたいとき、一人でゆっくりしたいときなどにコーヒーを飲むと、その香りに癒されるでしょう。

しかし、口臭が気になっている人は、コーヒーの飲み過ぎは禁物です。

仕事中のストレスから、コーヒーの香りを求め、いつもデスクにコーヒーがあるという方は気を付けた方が良いかもしれません。

口臭対策ならコーヒーは控えめに

コーヒーが口臭によくない理由は、コーヒーの豆の粒子が舌に付きやすく口臭の原因となってしまうからです。

また、コーヒーは弱酸性なので、飲むと口の中が酸性に傾きます。

口の中が酸性になると、雑菌が増えやすい環境になり、口臭の原因となります。

コーヒーに含まれるカフェインには、利尿作用があるということは、知っている人も多いと思います。

利尿作用とは尿を促す作用です。

カフェインが含まれているコーヒーや紅茶、緑茶などを飲むと、トイレが近くなることはありませんか?

利尿作用は、むくみの解消やデトックス効果などがありますが、体の中の水分の量が減って、唾液の分泌量が減ってしまうこともあります。

唾液は、食後、酸性傾き、雑菌が増えやすくなっている口の中を中性に保ってくれ、雑菌の増殖を防いでくれる働きがあります。

コーヒーは、弱酸性ですし、唾液の分泌量が減ることで、ますます口の中が酸性に傾き、雑菌が増殖する環境が整ってしまいます。

コーヒーを飲んだ後は、水を飲んだり、水で口をゆすいだりしてあげると、いく分か口臭がマシになります。

コーヒーを飲むと、胃が荒れるという方はいませんか?

コーヒーには、クロロゲン酸というポリフェノールの一種が含まれています。
このクロロゲン酸には、胃液分泌を促進する作用があるため、空腹時にコーヒーを飲むと胃が荒れる原因になります。

レストランで、「コーヒーはいつお持ちしますか?」と聞かれたら、食後を選択することをおすすめします。

口臭対策なら緑茶がおすすめ

緑茶に含まれる成分には、口臭予防に嬉しい効果がたくさんあります。

カテキン
 抗酸化作用(臭いの原因である活性酸素を抑制してくれる)
 抗菌作用
 消臭作用

ビタミンC
 ストレス解消(ストレスは、臭いのもとである活性酸素を増加させる)
 
ビタミンE
 抗酸化作用

フッ素
 歯を強くする
 虫歯を予防する

カテキンは、紅茶や烏龍茶にも含まれていますが、緑茶の方が、含有量が多いです。
口臭を気にしている方は、コーヒーより緑茶を飲むような習慣を付けましょう。