ニンニク料理好きですか?

ニンニク料理の香りは、食欲をそそります。
ニンニクには、疲労回復や、風邪予防、食欲不振解消などの効果があります。

ニンニクを食べた日の翌日、口臭だけでなく体からニンニクの臭いがして困ったことはありませんか?

ニンニクを食べると16時間は臭いが続くと言われています。
晩飯にニンニク料理を食べると、翌日まで残ってしまって、仕事中もニオイがしてしまうことがあります。

スメルハラスメントと言われないためにも、ニンニクを食べるときの臭い防止方法を知っておきましょう。

ニンニクはどうして臭うの?

ニンニクの臭いの原因は、アリシンという成分です。
ニンニクには、アリインという成分が含まれていますが、ニンニクを調理するときに、潰したり、切ったりすることによって臭いのもとになるアリシンという成分に変わります。

ニンニクを食べた後、口臭だけでなく、体臭まで発生するのは、臭いの成分が、血液を通じて、体じゅうを循環してしまうからです。

ニンニクの臭いを消すには

ニンニク料理を作ったり、食べたりするときには、次のような方法をとるとニオイ予防ができるといわれています。

ニンニクを調理するときは、先に加熱してから使う
ニンニクは、切ったり潰したりして調理すると、アリインという成分がアリシンという成分に変わるのですが、これは、アリナーゼという酵素の働きによるものです。
この酵素は、熱に弱いため、加熱することで、ニオイを抑えることができます。

ニンニク料理を食べる前に牛乳を飲む
食前に、牛乳を飲んでおくと、ニンニクの臭いを抑えられるというのは、聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

牛乳に含まれるタンパク質が、アリシンと結びつき、臭いを包み込んでくれるため、ニオイを抑えることができます。

ニンニク料理と一緒に緑茶を飲む
食前に牛乳というのは、気が進まないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
私は、牛乳があまり好きではないため、食前に飲む気には、なれません。
お店に行ったときに、ドリンクメニューに牛乳がないこともありますよね。
そういうときは、緑茶はいかがでしょうか。
緑茶には、消臭効果がありますから、食事中に飲むとニオイを抑えることができます。

ニンニク料理を食べるときは、ワインを一緒に取る
ニンニク料理を食べるときは、飲んでいる時ということもありますよね。

そういうときはワインを合わせるとニオイ予防になります。
ワインは、ニンニクの臭いのもと、アリシンを分解してくれます。

食後に、ガムや臭い消しのタブレットを使用する
食後にガムをかむのもニオイ対策になります。
ニオイ消しのタブレットは、ニオイ対策の為に作られたものですから、大いに活用しましょう。