私、臭いかも?
自分の体の臭いを嗅いでチェックしてみたい。

そう思っても、自分の臭いを確認することは、なかなか難しいですよね。

今回は、自分の体臭が、どんな臭いか自己チェックする方法をご紹介します。

  • ラポマイン

    ラポマイン

    肌が乾燥しすぎると、肌を潤そうと皮脂腺が働き皮脂を多く分泌してしまいます。皮脂は臭いの原因になってしまいますよね。ラポマインは、このことに注目し、保湿に力を入れた、うるおい系の制汗デオドラントです。ワキに潤いを与えて、余分な汗や皮脂の分泌を抑えます。無添加・低刺激なので肌に優しいです。ラポマインの良い点は、臭いケアだけでなく、黒ずみ対策や抑毛といったことまで、配慮されているところです。女性におすすめのデオドラントです。

鼻は自分の臭いに慣れるから自分の臭いに気づきにくい

鼻は、同じニオイを嗅ぎ続けると、臭いに慣れて、その臭いを感じなくなってしまう順応しやすい性質を持っています。

ただ、しばらくその臭いを嗅がなければ、また、その臭いを感じることができます。

自分の体臭がどんな臭いかのチェックする方法

体臭ケアをするうえで、自分がどんな体臭かを知ることは大切です。

自分の体臭がどんな臭いかチェックしてみましょう。

1.入浴後、自分の脱いだ服を嗅いでみる

鼻は順応しやすい性質をもっていますから、自分の体臭をチェックするなら、いったん慣れてしまった臭いをリセットしてあげるとよいでしょう。

お風呂やシャワーで、体のを洗い、臭いを落としてから、シャワー前に脱いでおいた服や下着、靴下などを嗅いでみましょう。

加齢臭が気になるなら、胸や背中、首回り、ワキガや汗臭はワキの下、すそワキガは下着の臭いを、足の臭いが気になるなら靴下を嗅いでみましょう。

2.パジャマやマクラを嗅いでみる

寝ている間にも、人はコップ1杯分の汗をかいていると言われています。

パジャマやマクラを嗅いでみましょう。
頭の臭いが気になるという方は、マクラがわかりやすいです。

寝室が臭いという人はいませんか?
寝室は、体臭が充満するので、自分の体臭チェックに役立ちます。

汗や頭の臭い、加齢臭、口臭、いろいろな臭いが混ざって、部屋の臭いがするでしょう。

起きてすぐは気づきませんが、別の部屋へ行って、しばらくして寝室に戻ってみると、その臭いに気づきます。

3.ビニール袋を使用する

ビニール袋を使用する方法もあります。

服をビニール袋に入れ、しばらくして、もう一度ビニール袋の中を嗅ぐと、服の臭いがわかりやすいです。

口臭は、体臭の中でもわかりにくい臭いです。

というのも、口は、鼻の近くにあるため、いつも臭いを嗅いでいる状態です。
口臭の臭いに、鼻は、慣れてしまっているのです。

ビニール袋を2つ用意し、1つは、自分が吐いた息を入れて閉じ、もう一つは、空気を入れて閉じましょう。

2つの臭いを、嗅ぎ比べると、自分の口臭が、どんな臭いかが分かるでしょう。

4.ティッシュに臭いを含ませる

汗や皮脂が出やすい箇所は、ティッシュで拭いて、嗅いでみるという方法でも、臭いをチェックできます。

汗臭・ミドル脂臭・加齢臭・口臭・ワキガ・すそワキガ・足の臭い

体臭について、発生しやすい体の部位と、一般的に言われている臭いの表現を列挙してみました。

汗臭
・体全体
・チーズのような酸っぱい臭い、納豆の臭い、雑巾の臭い

ミドル脂臭
・頭頂部から後頭部、首の後ろ
・使い古した油の臭い、生ごみの臭い、腐ったような臭い

加齢臭
・頭、顔(おでこや鼻)、耳の後ろ、首回り、胸、背中、ワキ
・ロウソクのような臭い、古本の臭い

口臭
・口
・腐敗臭、腐った卵のような臭い、ドブの臭い

ワキガ
・ワキ
・ネギや玉ねぎの刺激臭、カレースパイスのクミン臭い、チーズや納豆の臭い、鉛筆の臭い

すそワキガ
・性器
・チーズの臭い、玉ねぎの臭い、魚の臭い

足の臭い
・足
・チーズのような酸っぱい臭い、納豆の臭い、雑巾の臭い

臭いの表現は、重複するところもあり、人によって感じ方も違うのでわかりづらいですね。

加齢臭やミドル脂臭なら自分の年齢を考慮してみたり、口臭なら、虫歯や歯周病、舌苔が多くないか、ワキガやすそワキガなら、耳垢が湿っていないかなども参考にするとよいでしょう。

自分の体臭に合った対策をしましょう。

  • クリアネオ

    クリアネオ

    汗臭さや、加齢臭のしつこい臭い対策にもっともおすすめなのがこのボディーソープ「クリアネオ」。
    市販されている普通の石鹸やボディーソープでは取れない汗臭い臭い、脂臭いにおいを取り除く上に、無臭効果が長持ちします。
    特に加齢臭が気になりだした30歳以降の男性女性におすすめのボディーソープになります。