活性酸素は、私たちの体を細菌から守ってくれる良い働きもしてくれますが、増えすぎると体臭の原因にもなってしまいます。

加齢臭の原因ノネナールの生成には、過酸化脂質が関わっていますが、
過酸化脂質は、脂質が活性酸素によって酸化したものです。

加齢臭対策は、石鹸やデオドラントに気を使うほか、食事にも気を使いたいものです。

今回は、活性酸素を抑える抗酸化作用がある食品を紹介したいと思います。

ポリフェノールを含む食品

赤ワイン
チョコレート
緑茶
ごま
大豆 など

ビタミンCを含む食品

レモン
アセロラ
グァバ
キウイ
パセリ
芽キャベツ
ピーマン
トマト
ブロッコリー など

ビタミンCは、ストレス、タバコ、お酒、風邪をひいたときなどに、たくさん消費されます。

ビタミンCは、茹ですぎると流出しやすいといいます。
ビタミンCを多く含む食品を調理するときは、油で炒めたり、蒸したりするといった調理法にも気を付けてみて下さい。

ビタミンE

青魚
アーモンド(ナッツ類)
ブロッコリー
アボガド
うなぎ
カボチャ など

ビタミンEはビタミンCと取ると相乗効果を得ることができます。
ビタミンEは、活性酸素を抑えてくれる働きをしますが、活性酸素を抑えるのに働き疲れたビタミンEは、ビタミンCにより復活させることができます。

β-カロテン

にんじん
ほうれん草
かぼちゃ
(緑黄色野菜) など

β-カロテンを多く含む食品の調理法は、油で炒めると、吸収しやすいです。

抗酸化作用がある食品を取るときは、調理法や組み合わせに気を付けると、より効果的に摂取することができます。