私の子供が入園する前だったでしょうか。

祖父母(おじいちゃん、おばあちゃん)と遊んでいた我が子が、「おじいちゃんとおばあちゃん、何かクサいにおいがするよ!」と大きな声を出したことで、その場が凍り付いたことがありました(汗)

子供は正直ですから、もちろん悪気はありません。
ですが、80歳になろうかとしていた祖父母ががっかりと肩を落としたことは言うまでもありません。

最近だと、老人、お年寄り、老年などという用語が差別用語に当たるのか、「シルバー世代」という言葉で呼ばれることが多くなってきたため、表立っては言われませんが、こうしたにおいは「老人臭(ろうじんしゅう)」と呼ばれています。

  • 高齢者と同居されている方
  • 介護関係の仕事をしている方

であれば、老人臭と聞いてピンとくると思います。

個人差があるので一概には言えませんが、70歳を超えてくるとほとんどの高齢者はこの老人臭がするといわれています。

大切なおじいちゃん、おばあちゃんを守るためにも、老人臭対策は、子供やホームヘルパーさんなど身の周りの人間がケアしてあげることが大事になってきます。

中年特有のにおいに加齢臭がありますが、老人臭にはどのような対策が効果的なのでしょうか。

老人臭対策には加齢臭対策+αが大事

基本的には、老人臭対策には加齢臭対策が効果的です。

老人臭の大部分は加齢臭がパワーアップしたものと考えて差し支えないからです。

ただし、老人臭は加齢臭以外の要素も複雑に絡み合っています。

アンモニア臭
大便臭