老人臭って聞いたことありますか?
加齢臭とどう違うのでしょうか?

加齢臭と言うと、中年の方の体臭のことを言い、老人臭と言うとお年寄りの方の体臭というイメージだと考えるが多いでしょう。

加齢臭の原因物質ノネナールは、40歳くらいから発生すると言われています。ですから40歳からの体臭は、加齢臭と呼ばれることが多いです。

老人臭は、特に何歳からの体臭というような年齢は、特に定まっていませんが、名前の通り、中年よりは高年齢の方の体臭を指して一般的に使われています。

50歳でも老人臭などと言う人もいるそうです。

老人臭には、加齢臭も含まれています。
加齢臭が強くなった臭い+それ以外の加齢に伴う臭いと考えてよいでしょう。

高齢になってくると加齢臭の他にも、口臭、腸内環境の悪化による体臭、アンモニア臭、清潔にしないことによる体臭や衣服の臭いなどが加わってきます。
そういった臭いを総称して、老人臭というようです。

口臭が酷くなる

唾液には、食べ物を消化してくれる作用の他に、口の中を清潔に保ってくれる殺菌作用があります。

高齢になると、唾液の分泌量が減少します。そうすると、口の中の細菌が増えてしまって口臭になります。

また、体がうまく動かないことや、体力や気力が落ちて、歯をきちんと磨けない人もいます。殺菌作用がある唾液の量も減っている上、歯のケアが行き届かなくなると、虫歯や歯周病が進行して口臭となったり、入れ歯や歯に食ベカスが臭ったりします。

口臭を抑えるには、虫歯や歯周病を治療したり、入れ歯や歯のケアすることが必要です。

腸内環境の悪化による体臭

食べ物を摂取すると、腸内で食べ物が分解されます。その際に、臭い成分を作りますが、それが体臭の元となることがあります。

腸内の悪玉菌が増加していると、特に臭い体臭になります。
腸内の善玉菌を増やすと、悪玉菌の働きを抑えることができます。

内臓機能低下によるアンモニア臭

食事からタンパク質を摂取すると、体内で分解されてアンモニアが発生します。
通常、アンモニアは、肝臓で尿素に作り替えられ、尿として体外へ排泄されます。
しかし、肝臓や腎臓の機能が低下すると、アンモニアや尿素の排泄がうまくいかず、汗や口臭などの体臭となってしまうことがあります。
高齢になると、内臓機能の衰えが原因となって、アンモニア臭がすることがあります。

体臭・衣服の臭い

年を取ってくると、身体や気力の衰えから、歯磨き、風呂、身の回り品の管理など普段私たちができていることが、ちゃんとできなくなる人が多いです。
風呂にあまり入らなくなったり、服を着替えなかったり、服や寝具を洗わなかったりして、体や衣服の汚れが溜まって、臭うこともあります。

以上のように、老人臭は、加齢臭の他の要因の体臭も加わったニオイです。
老人臭対策は、食事や運動に気を付けたり、体臭予防の石鹸やデオドラントを使用したりする他、衣類や体を清潔にすることも大事です。
自分ではうまくいかないという方は、家族などに手伝ってもらうということも必要かもしれません。