柿渋石鹸とか柿渋歯磨き粉とかあるけど、柿渋って何だろう?
加齢臭などの体臭や口臭にどういいの?

そう思ったことありませんか?
柿渋の良さを分かっていないと、柿渋、使ってますって言われてもピンとこないですよね。

知ればわかります。
柿渋は、体臭対策の強い味方です。

  • 颯香力(そうこうりょく)

    颯香力(そうこうりょく)

    加齢臭・汗臭・足臭対策など体臭対策に使える石鹸。
    消臭効果・保湿性にすぐれる柿タンニンとルイボスエキスが配合されています。また、薬用成分で臭いの原因になる皮膚常在菌の増殖を抑制してくれます。石油由来の界面活性剤は一切使用していない肌に優しい石鹸です。きめ細かい泡立ちで、毛穴の汚れをスッキリ洗い流し、保湿性に優れた成分で、肌をいたわります。保湿に優れているので女性にもおすすめの石鹸です。香料が入っているので、洗い上がりは、良い香りがします。

  • 薬用柿渋石鹸

    薬用柿渋エチケットソープ・プレミアム

    茶カテキンで嫌な臭いに素早くアプローチし、柿タンニンで臭いケアを持続させるWパワーで体臭対策をする石鹸です。殺菌作用がある薬用成分イソプロピルメチルフェノールが臭いの原因になる雑菌の増殖を抑えます。
    皮脂腺は、肌が乾燥すると、肌を潤そうと皮脂をたくさん出そうとします。余分な皮脂は、臭いの原因となってしまいます。皮脂や雑菌を洗い流すことは、体臭対策には重要ですが、肌が乾燥しないようにすることも大切です。
    薬用柿渋エチケットソープ・プレミアムは、ヒアルロン酸、コラーゲン、オリーブ油、スクワランなどの保湿成分も配合されているので、しっとりした洗い上がりが期待できます。
    女性にもおすすめの石鹸です。

  • 柿渋石鹸

    柿渋石鹸

    柿渋石鹸は、柿タンニン、茶エキスなどの消臭成分で消臭対策ができます。また、クマザサエキスなどの除菌を助ける成分も配合されています。泡立ちがとても良いので、もこもこ泡で優しく体を洗うことができ、肌をゴシゴシ洗い過ぎて傷づけることによる乾燥を防ぐことができます。保湿成分も入っていますので、乾燥が気になる女性にもおすすめです。柿渋石鹸は、純国産で、無着色・無香料・無鉱物油の石鹸です。加齢臭・汗臭・足臭などの体臭対策に。

  • 柿渋石鹸「男のたしなみ」

    「男のたしなみ」柿渋石鹸

    柿渋石鹸「男のたしなみ」は、名前の通り、男性におすすめの石鹸です。柿タンニンで臭いをケア。洗浄成分である茶カテキンとムクロジを配合しています。加齢臭対策では、肌は乾燥させないようにすることが大事ですが、こちらの石鹸は、ローヤルゼリーが配合されているので肌をしっかり保護してくれます。泡立ちはモコモコの泡ですから、優しく肌を洗うことができます。加齢臭・汗臭・足臭などの体臭対策の石鹸です。

  • 柿渋石鹸 珠玉の泡

    柿渋石鹸 珠玉の泡

    珠玉の泡石鹸は、ベントナント(粘土)で古い角質や余分な皮脂を吸着して除去し、茶カテキンで雑菌を除菌、柿渋エキスで臭いを消臭し体臭対策をします。はちみつ・馬油・コラーゲンなどの美容成分も配合されていますので、特に女性におすすめの石鹸です。泡立ちはきめが細かいもっちり泡。防腐剤は無添加です。こちらは、無香料ではなく、さわやかなグレープフルーツの香りです。

柿渋って何?

柿渋とは、青い渋柿を砕いて絞って抽出して発酵させたものです。
柿渋は、昔からいろいろなものに使われてきました。

例えば、防腐や防水を目的として、家の柱や桶などの木製の道具、漁に用いる網などの塗料として使われたり、しもやけや火傷などに民間療法として用いられいたそうです。

防腐作用があるから、ミイラに使用されていたことも!

最近では、シックハウス対策として用いられることもあるようです。

シックハウス症候群というのは、家を建てるに化学物質を用いた塗料等の使用することにより、それが原因となって体調不良を引き起こすことです。

柿タンニンって何?

体臭対策の石鹸やボディソープには、柿タンニン配合とかって書かれていますよね。

柿渋には、タンニンが含まれています。
タンニンというのは、ポリフェノールの一種です。

ポリフェノールが含まれている食品で思いつくのは、ワインではないでしょうか。

タンニンは、ワインやお茶にも含まれている成分です。
ワインやお茶を口にすると渋みを感じますよね。

あの渋みの主成分がタンニンです。

タンニンには、消臭効果や殺菌作用があり、ウイルスや菌の増殖を抑える働きがあります。
ノロウィルス対策なんかに使われることもあるそうです。

体臭は、汗の成分を皮膚常在菌が分解することで、発生します。
つまり、雑菌の繁殖を抑えてくれるタンニンは、体臭対策にいいのです。

柿タンニンはポリフェノールの一種です。

ポリフェノールは、体にいいって聞いたことありませんか?
なぜ、体に良いか知っていますか?

ポリフェノールには、抗酸化作用があります。
抗酸化作用とは、活性酸素の働きを抑制してくれる働きのことです。

活性酸素は、悪というわけではありませんが、老化を促進する作用があります。
ですから、アンチエイジングのために、抗酸化作用があるワインが良いなどと言ったりするのです。

柿渋に含まれるポリフェノールは、ワインの20倍もあると言われています。

柿タンニンは、体臭対策の強い味方

例えば、加齢臭はノネナールという物質が臭いの原因です。

ノネナールの発生には、9-ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)過酸化脂質が関わっています。

この9-ヘキサデセン酸(パルミトオレイン酸)が、過酸化脂質によって酸化されたり、皮膚常在菌に分解されたりすることによって、くさい臭いが発生します。

過酸化脂質は、中性脂肪やコレステロールなどの脂質が活性酸素によって酸化されることにより増加します。

柿タンニンには、殺菌作用や抗酸化作用がありますよね。
ですから、皮膚常在菌などの雑菌を抑えてくれるとともに、臭いの原因になる活性酸素も抑えてくれる効果が期待できるということです。

つまり、柿タンニンは、体臭対策の強い味方ってことですね。

そういったわけで、体臭対策用の石鹸やボディソープに用いられたり、消臭クリームに用いられたりしているのです。