40歳を過ぎる頃に急にニオイ出す加齢臭。

加齢臭とは、その名の通り「加齢」に伴って発生する「臭い」。
男性特有の悩みだと思われがちですが、当然女性からも加齢臭はします。

以前働いていた会社に、美人で頭の切れる45歳ぐらいの女性の上司がいて、とても尊敬していたのですが、飲み会の帰りに帰りの電車で隣同士で座った時に、加齢臭特有の臭いがして、とても悲しい気持ちになったのを覚えています。

「性別」や「見た目」や「人格」に一切関係なく「誰にでも発生する可能性がある」という意味では、「加齢臭」はある意味「フェア」であり、その点については少し好感が持てるかもしれません。

ところで、女性の加齢臭には、男性以上に早急な対策が必要だという声をよく耳にします。

これは、デリケートな問題であるゆえに、女性の加齢臭について周りが本人に指摘するのが、男性の加齢臭以上に難しいからです。

スメルハラスメントの問題もあり、加齢臭は早めに対策をする必要があるのですが、こんな事情もあり、女性の加齢臭は本人が自覚しないまま最悪な事態に突入するケースが少なくないのです。

女性の加齢臭はどんな臭いなの?

女性の加齢臭はどのようなニオイなのでしょうか?

女性の加齢臭の特徴を一言でいうと、「加齢臭を香水でごまかした臭い」です。

いろいろな香水を使っている人が多いと思うので、決まった臭いではないのですが、女性の加齢臭は香水が腐ったようなニオイがします。