妊娠中の妻や職場の女性に、避けられている気がするということはありませんか?
妊娠中の女性に避けられる原因
もしかすると、それは、あなたの臭いに原因があるのかもしれません。

妊娠中の女性は、匂いにとても敏感になります。
匂いに敏感になり過ぎて、苦手な臭いを嗅いだら、吐き気がするというほどつらい症状がでることもあります。

普段から体臭が気になるという人は、奥さんを悩ませているかもしれません。

妊娠中じゃなければ、平気な匂いでも、妊娠が原因で、敏感になっているのですから、避けられているといっても一時的なもので落ち込む必要はありませんが、気遣いは必要です。

体臭が臭うからといって、香水などで抑えようとするのは、逆効果です。

くさい匂いだけでなく、普段なら何とも思わないような匂いや、香水などの良い香りと言われているものまで、敏感に感じるようになり、ダメだと感じる女性もいます。

  • アジカ /無香料の加齢臭対策石鹸

    アジカ

    アジカは、加齢臭対策をしている男性におすすめの石鹸です。

    竹炭の力で、臭いの元になる皮脂を吸着除去します。泡立ちが良い石鹸なので、きめ細かい泡が、毛穴の奥まで入りこんで、しっかり吸着して洗い流します。

    アジカに使用されている銀(ナノシルバーコロイド)は、抗菌による防臭機能があるので、地肌のバリア機能を強化してくれます。

    その他、モモ葉、ローヤルゼリー、アロエベラなど肌にやさしい成分も配合されています。
    加齢臭が気にならなくなったという評判も多いので、加齢臭対策をしている方は、試してみてはいかがでしょうか。

なぜ、妊娠中の女性は匂いに敏感になるの?

そもそも、なぜ妊娠中の女性は匂いに敏感になるのでしょうか?
妊娠中臭いに敏感な理由
それは、ホルモンの影響しているためだとか、体や胎児を守るために本能が働くためだとか言われています。

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが変化します。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンというホルモンは、匂いを敏感にする働きがあります。

また、妊娠中は、自分の体や、胎児を守るために防衛本能から、嗅覚が鋭くなると考えられています。

妊娠中の女性が苦手なニオイ

妊娠中、匂いに敏感になってしまった女性は、どのような匂いを嫌うのでしょうか?

次のような、匂いがダメだったという女性が多いです。
妊娠中苦手なニオイ
・タバコの臭い
・化粧品、シャンプー、整髪剤、香水などの匂い
・歯磨き粉
・食べ物の匂い
(飲食店やスーパー、キッチン、冷蔵庫の匂いなども)
・生ゴミの臭い
・加齢臭や体臭

タバコの煙は、お腹の赤ちゃんの発育を妨げるなど良くない影響を与えます。
タバコを吸っている人は、妊娠中の女性の近くでは吸わないようにしましょう。

匂いに敏感になっている妊娠中の女性は、服に付いたタバコの臭いを感じ取り、気分が悪くなることもあります。

煙だけでなく臭いにも気を付けたいものです。

妊娠中は、食べ物の匂いに敏感になり、食欲がなくなるという女性が多いです。
食欲がなくなるくらいですから、生ごみの臭いは、強烈なものです。

普段は、ゴミ捨ては、妻の担当というご家庭も、この時期だけでも、変わってあげると喜ばれますよ。

理解と思いやりが大切

妊娠中、夫の加齢臭や体臭が、きつかったという女性も、結構います。

でも、体臭って、ケアや食事などに気をつけても、時間がかかったり、すぐに改善できないこともありますよね。

大切なのは、妊娠中の症状やつらさを理解してあげ、気遣ってあげることでしょう。

妊娠中、夫の思いやりのなさに腹が立った、と何年も根に持っている女性もいます。
逆に、体臭は臭くて苦手だったけど、気遣いや思いやりが、ありがたかったという女性もいます。
妊娠中のいたわり
もし、奥さんが妊娠中、匂いに敏感になっていたら、積極的にゴミ捨て担当になるとか、タバコは我慢するとか、気遣ってあげると、夫婦関係がより良いものになるでしょう。

苦しいときに助けてくれたという感謝の気持ちは、時間が経っても忘れないものです。