ミョウバンが加齢臭対策によかったというような話を聞いたことはありませんか?

ミョウバンは、古代ローマでも制汗剤や防臭剤として使われていたことで有名です。

ヨーロッパでは、今でもデオドラントのアルム石として使用されています。

今回は、ミョウバンの作用、ミョウバンが体臭や加齢臭にいいといわれる理由について書いていきます。

  • 【デオラボ】デオドラントクリーム

    【デオラボ】デオドラントクリーム

    「薬用デオラボクリーム」は、リピート率が高いクリームです。
    ミョウバンが配合されています。ミョウバンは、皮膚を酸性にしてくれ、雑菌が増加しにくい環境にしてくれます。
    ワキガの臭いをデオドラントで対策したい方や首回り、足、ワキの汗臭対策におすすめです。

ミョウバンの作用

ミョウバンには、主に次の3つの働きがあります。

ミョウバンの制汗作用

まず、一つ目は、制汗作用です。

ミョウバンには、収れん作用(毛穴を引き締める働き)があり、制汗剤としても使用されています。

この、収れん作用のメカニズムは、いろいろな説があり、はっきりとしたメカニズムは、今のところ不明です。

ミョウバンの殺菌作用・体臭に良い理由

ミョウバンは、水に溶けると酸性になります。

体臭は、汗、皮脂、垢を、皮膚常在菌が分解することで発生しますが、体臭の原因となる菌は、アルカリ性の環境で増殖しやすいのです。

ですから、酸性のミョウバン水によって、中和され、雑菌が繁殖しにくい環境を作ることができるので、体臭対策にも用いられています。

とくに、アンモニアに対する消臭作用が強いと言われるので、足やワキの汗対策に向いています。

ミョウバンの消臭作用

ミョウバンには、カリウム、鉄、アルミニウムなど様々な金属が含まれています。

ミョウバンに含まれる金属が、酸化還元反応(下記で説明します)を起こすことにより、金属消臭するという働きがあります。

ミョウバンが加齢臭対策に良い理由・ミョウバンの酸化還元反応

加齢臭の臭いの原因は、ノネナールという物質です。

この物質は、皮脂腺の中の9-ヘキサデン酸が、過酸化脂質によって酸化が促されることにより発生します。

(ややこしいと感じた方は、9-ヘキサデン酸は、忘れてください。)

簡単に言うと、皮脂が酸化することにより、加齢臭が発生するのです。
つまり、加齢臭を抑えるなら、この酸化を抑えたいところです。

前の項目で、ミョウバンは、金属が酸化還元反応を起こすことにより、消臭する働きがあると書きました。

酸化還元とは、簡単に言うと、酸化したものを元に戻してくれるということです。

加齢臭の敵である酸化を抑えてくれるので、ミョウバンは、汗による体臭対策だけでなく加齢臭対策にも良いと言えます。

以上がミョウバンが加齢臭対策に良い理由でした。
ついでに、酸化にかかわる活性酸素、不飽和脂肪酸についても簡単に書いていきます。

酸化を促す過酸化脂質は、活性酸素が不飽和脂肪酸と結びつくことにより発生します。

加齢臭対策には、活性酸素や不飽和脂肪酸を抑えてあげることも大切です。

私たちは、呼吸をしますが、取り入れた酸素の2%は、活性酸素に変わります。
ですから、発生をゼロにすることはできません。

ですが、ストレス、タバコ、食品添加物などでも、活性酸素は増加します。
これらを減らすことは、加齢臭対策になります。

不飽和脂肪酸を多く含む食べ物は、主に、動物性脂肪(バター、ラード、牛脂、生クリームなど)です。
こうした動物性脂肪を食べ過ぎにも気を付けましょう。