今朝、会社へ向かう途中、信号待ちの時間に、加齢臭の臭いが漂ってきました。

斜め前をみると、高齢の男性がいて、臭いは、どうやらその男性からしているようです。

割と上品な服装で、清潔感がある男性でしたが、1メートルくらい離れた場所でも臭いがしてきたので、かなりキツイ臭いです。

老人臭というには、まだ若く、仕事をしている風だったので、おそらく通勤途中でしょう。
職場に、こういう臭いがキツイ方がいたら、同じ部屋で働くのは大変かもしれない。

  • 「柿のさち」ディープクリアシャンプー

    「柿のさち」ディープクリアシャンプー

    頭皮の臭い対策シャンプーの中で、ダントツでおすすめなシャンプーが、この「柿のさち」ディープクリアシャンプー」です。
    頭皮の臭いを洗い流し、頭皮上の臭いの原因菌を殺菌した後、柿渋に含まれる保湿成分で頭皮を健やかに保つことで、頭皮の臭いを取り除き、予防する効果が期待できます。頭皮の臭い対策でもっともおすすめのシャンプーです!

そう思いながら男性を見ると、白髪まじりの少し剥げかかった頭の髪型は、オールバック。
整髪料は、ポマードを使用しているようでした。

加齢臭というより、臭いは頭から臭ってくるようです。

もしかすると臭いの原因は、整髪料にあるのではないかと考えました。

整髪料さえ変えれば、こういった臭いはしないのかもしれないと残念に思ってしまいました。

中年以降の男性が、ポマード臭いといわれたりするのは、よくあることです。
ポマードに限らず、整髪料選びには、注意が必要です。

ポマードって?

ポマードは多くの男性に愛用されているスタイリング剤です。

最近は、ワックスやジェルなどのスタイリング剤が豊富にそろっていますが、昔は、ポマードが男性整髪料としては主流でした。

ですから、中年以降やご高齢の男性に、愛用者が多いスタイリング剤です。

ポマードの種類は、昔は油性のものが一般的で、最近は、水性のものも出てきていて、若い人にも人気があります。

油性の特徴は、油性なので湿気には強いが、熱に弱いです。
水性は、その逆で、熱には強く、湿気に弱いのが特徴です。

昔のものは、原材料臭を消すために、香料が多く含まれているので臭いがキツイ傾向があります。

昔から同じものを愛用している人は、香料が多く含まれているようなポマードを使い続けているため、臭いがキツイことがあり、ポマード臭いなどと言われることもあるので要注意です。

戸棚の中のおやじ臭

娘からみると、父親は、大切な家族ではありますが、”オヤジ”でもあります。

特に思春期の娘は、臭いに敏感です。

たとえ父親であっても、”臭いものは臭い”と容赦ありません。

「お父さん、オヤジ臭いから離れて!」
「お父さんが使ったタオルは臭いから別にして」

などと、大切に子供を育ててきた父親にとっては、ショックな言葉を言われたことがある人もいるでしょう。

さらには、お父さんが入った後の風呂には入りたくない、洗濯物は別にしてなどと、かなり失礼なものまで。

私も、そこまでは言わないものの、父親の臭い=オヤジ臭(加齢臭)が、不快だと思っていました。

ある日、洗面台の戸棚を開けると、父親が使用している整髪料が並んでおり、プーンと整髪料の香りがしてきたのです。

「あ、オヤジ臭だ!」

そこで、父親の臭いの原因の1つが、整髪料にあることを知ったのです。

(なんで、こんな臭い整髪料を使用するのだろう、やめればいいのに・・・)
と思ったことがあります。

整髪料選びを間違うと臭いで損をする

香りというのは、人それぞれ好みがわかれるので、整髪料選びは、慎重に行いましょう。

いくら自分が良い香りだと思っていても、他の人には、不快感を与えることもあるからです。

体臭対策シャンプーを使用して、加齢臭や頭皮の臭いを抑えても、整髪料が臭ければ意味がありません。

女性は、ポマードの香りが苦手、生理的に無理という方が多いです。

しかし、髪型を作るには、ポマードが最適だという人もいますよね。
ポマードでも、最近は、臭いを抑えたものや無香料のものもありますよ。

女性にモテたいなら、香りが強い整髪料よりも、香りを抑えた整髪料を使用することをおすすめします。

  • アジカで加齢臭対策

    アジカ

    アジカは、加齢臭対策をしている男性におすすめの石鹸です。

    竹炭の力で、臭いの元になる皮脂を吸着除去します。泡立ちが良い石鹸なので、きめ細かい泡が、毛穴の奥まで入りこんで、しっかり吸着して洗い流します。