枕が臭いと感じたことはありませんか?
家族から、枕が臭いと指摘されたことはありませんか?

特に、女性は臭いに敏感なので、夫の枕の臭いに気づきやすいです。
子供や奥さんから、枕が臭いと指摘される人もいるのではないでしょうか?

今回は、枕が臭くなる原因と対策について書いていきます。

なぜ、枕が臭くなるの?

枕が臭くなる主な原因は、汗臭・ミドル脂臭・加齢臭です。

・汗臭
寝ている間にも、汗をかきますから、汗をかいて枕が臭くなることはあります。

・ミドル脂臭
30代や40代の方の場合は、ミドル脂臭が原因かもしれません。
ミドル脂臭は、使い古した油のような臭い、生ごみのような腐った臭いがすると言われています。

とくに頭の周辺から臭いがしますので、枕が臭くなる原因になります。
ミドル脂臭の原因であるジアセチルという物質は、20代から発生しはじめ40代で発生量が多くなります。

・加齢臭
加齢臭は、40代以降50代から増加する体臭です。
ロウソクのロウのような臭い、古本のような臭いなど表現されることがあります。

40代は、汗臭・ミドル脂臭・加齢臭が発生しやすい年代なので、臭い対策をとっておいた方がよいでしょう。

枕が臭い時の対処法

枕が臭いときは、次のような対処法があります。

・枕カバーを洗濯する
・枕にタオルを巻く
・枕を洗う(クリーニングに出す)
・枕を干す
・臭い対策用のシャンプーを使用する

まずは、枕カバーをこまめに洗濯しましょう。
枕カバーは、頭に直に触れるところなので、一番、汗を吸いやすいです。

除菌できる洗濯用洗剤を使用したり、漂白剤を使用すると、より綺麗になります。(漂白剤は、色落ちに注意してください。)

頭は、寝ているとき、たくさん汗をかきます。
枕に汗シミができたりすることもあります。

夏場など汗をかきやすい季節は、枕にタオルを巻いておくのも有効です。
汗が、枕本体にまで、浸透するのを防いでくれます。

タオルだと、毎日、簡単に取り換えて使用することができ、いつも綺麗な状態で、寝ることができます。

枕は、洗えないものが多いですが、中には、洗えるものもあります。
枕についている表示を見てみましょう。

自分で洗いたくないというかたは、枕クリーニングを利用してはどうでしょうか。
布団クリーニングがあるように、枕クリーニングもあります。

洗えない枕は、定期的に干しましょう。
汗を吸いこんだ枕は、臭い菌がついています。

さらに、湿気により、ダニやカビや変な虫が発生していることもあります。
晴れた日に、太陽の光を当てて、乾燥させ、虫やカビの発生を防止しましょう。

頭の臭いが気になるなら専用シャンプーを使用しよう

以上は、枕の対処法でしたが、シャンプーで頭の臭い対策をするという方法もあります。

おすすめのシャンプーを3点ほど列挙してみました。

  • 柿のさち「スカルプ ケア ディープ クリアシャンプー」

    柿のさち「スカルプ ケア ディープ クリアシャンプー」

    頭皮の臭い対策シャンプーの中で、ダントツでおすすめなシャンプーが、この柿のさち「スカルプ ケア ディープ クリアシャンプー」です。
    頭皮の臭いを洗い流し、頭皮上の臭いの原因菌を殺菌した後、柿渋に含まれる保湿成分で頭皮を健やかに保つことで、頭皮の臭いを取り除き、予防する効果が期待できます。頭皮の臭い対策でもっともおすすめのシャンプーです!

  • ウーマシャンプー

    ウーマシャンプ

    頭皮の臭いの原因は、皮脂の過剰な分泌が一因ですが、逆に皮脂を取りすぎてしまっても頭皮環境にとっては、逆効果になってしまいます。
    このウーマシャンプーは、頭皮の余分な皮脂のみ取り除くことで、頭皮環境を最高の状態にキープします。
    もともとウーマシャンプーは、薄毛対策のシャンプーとして男性女性に愛用されているシャンプーなので、臭い対策含めた頭皮ケアを考えている方に一押しのシャンプーとなります。

  • ハーブガーデン /女性におすすめのシャンプー

    ハーブガーデン

    ハーブガーデンは、女性におすすめの天然オーガニックシャンプー。ノンシリコン・アミノ酸シャンプーで、石油系界面活性剤、合成香料、着色料、保存料は一切不使用です。さらに、髪や頭皮に良い熊本県産のオーガニックハーブが配合されています。化学的な合成成分が大量に入ったシャンプーを避けたい、でも、髪がパサつくのは嫌という方におすすめです。香りは、ラベンダーやオレンジを中心とした天然アロマの自然な香りです。

体臭は、食生活や生活習慣などでも臭いやすくなることがあります。

過度のアルコールやタバコは控え、規則正しい生活を心がけましょう。

ストレスをためすぎるのも、体臭ケアには、よくありません。
また、食事は、脂っこい食べ物の食べ過ぎは控え、バランスが良い食事をするようにしましょう。