リンスとトリートメントの違いを知っていますか?
さらに言うと、コンディショナーというものもありますよね。

商品を購入するときに迷ってしまったという方も多いのではないでしょうか。
商品の特徴を知らなければ、使用順も迷ってしまいますよね。

リンス・コンディショナー・トリートメントは、どれも髪の毛に対してアプローチします。

頭皮に対して効くというわけではないので、これらを使用するときは、髪の毛に対して使用するようにしましょう。

頭皮に使用すると、毛穴を詰まらせたりして皮膚トラブルになったりすることもあるので、このことは重要です。

知らずに頭皮に使用していたという人もいるのではないでしょうか?
実は、私がそうでした。子供の頃、頭皮と髪に使用するものだと思って、地肌にしっかり使用していました。

間違った使用方法をしないためにも、違いを理解しましょう。

リンス・コンディショナー・トリートメントの役割

さて、リンスとコンディショナーとトリートメントの違いです。
簡単に言うと、

リンス      →髪の毛の表面をケアするもの

コンディショナー →髪の毛の表面をケアするもの

トリートメント  →髪の毛の内部をケアするもの

リンスとコンディショナーの違い

リンスとコンディショナーの違いは、販売しているメーカーによって違ったりしますが、いずれも、髪の毛の表面をケアするという点は共通しているようです。

コンディショナーの方は、リンスより作用が幅広く効果が高いという意見もありますが、メーカーの見解によって違うので、商品によって異なると考えてよいでしょう。

リンスとコンディショナーは、役割が、ほぼ同じなので、どちらかを使用すればよいでしょう。
同一商品では、どちらかしか販売していないことが多いです。

リンス・コンディショナーとトリートメントの違い

リンスとコンディショナーが、主に髪の毛の表面を保護するのに対し、トリートメントは、髪の毛の内部に成分を浸透させてダメージを補修し、ケアするという役割を持っています。

ですから、2つ使用したいという方は、トリートメント後に、リンス又はコンディショナーを使用するという順番が良いです。

内側を補修してから、表面を保護するという順番です。

自分に合っているも方法を見つけよう

何を使用するか、使用しないかという意見は多くあります。
シャンプーだけが良いという人もいますし、リンスもトリートメントもという人もいます。
有名芸能人がしているということで、シャンプーを使用しない湯シャンという方法も、流行ったことがありますよね。

私は、以前、頭皮に優しいだろうと石鹸シャンプーに切り替えたことがありますが、髪の毛がギシギシになったり、頭皮の皮脂が増えすぎて、髪の毛がベタベタになったり、抜け毛が酷くなったりしたことがあります。

石鹸シャンプーが良いといってすすめている人も沢山います。でも、私には合いませんでした。

人によって、肌の状態や、髪の毛の質なども違いますから、自分に合った方法を探してみましょう。