あなたは、靴を何足持っていますか?

断捨離、ミニマリストというような言葉が、メディアに取り上げられ、物を持たない生活を実践されている方もいるかもしれません。

でも、足の臭いが気になるという方は、靴を減らすのは、ちょっと待ってください。

  • 強力消臭靴下リンマー

    強力消臭靴下リンマー

    足臭対策を靴下でしたい場合は、足臭対策が施された靴下がおすすめ。リンマーは、足汗が気にならなくなる靴下。竹炭の力で、足の臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えます。また、靴下内の汗を吸収し、外へ放出することによりムレ防止機能を高めています。個人差はありますが、1日~2週間程度で効果が実感できるそうです。

  • 足臭対策【菌ピタ君】

    足臭対策【菌ピタ君】

    靴下は、靴に合ったものを使用したいという方は、靴の中敷きがおすすめ。
    靴の中に敷くだけで、消臭対策や雑菌のエサになる皮脂やアカが溜まりにくい環境をつくってくれます。サイズも豊富なので、自分で切らなくても、靴に合ったサイズを見つけれます。

靴は毎日履き替える

足は一日にコップ1杯ほどの汗をかくと言われています。
仕事や学校に通われている方は、一日の大半、靴を履いて生活している人が多いですね。

靴下を履いていても、靴にも汗が染みこみますし、体温により密閉された靴の中の温度は上昇し蒸れて湿気を含んでいます。

蒸れていて温度も高いため、雑菌も増殖しやすい環境です。
ですから、一日履いた靴は、休ませてあげて、乾燥してあげる必要があります。

毎日同じ靴を履いていると、湿気を帯びた時間が長くなり、乾燥させる時間が短くて、靴の中の雑菌が増えてしまいます。

ですから、翌日は、別の靴を履くなどして、使用した靴は乾燥させてあげましょう。

履きやすい靴を2、3足は持っておこう

冠婚葬祭や夏用のサンダルなどとは別に、日常に履く用の履きやすい靴を2・3足持っておきましょう。

お洒落で形が良い靴でも、履きづらい靴は、そのうち履かなくなり、靴箱にしまい込んだままになってしまいます。

毎日同じ靴を履くのではなく、交互、あるいは3日に1回履くというような感じにしたいです。

いつも履ける履きやすい靴を、2、3足は持っておくと良いですよ。