足の臭いと水虫に悩まされているという方は、いませんか?

足の臭いは、水虫が原因ではないかと考える方が多いようですが、実はそうでないのです。

水虫はどんな病気?

水虫は、白癬菌が原因で起こる皮膚の病気です。

この白癬菌という菌は、高温多湿な環境を好みます。
足は、靴や靴下を履き、汗を多くかき、蒸れていることが多いですよね。

そのため、白癬菌が好んで住みつき、水虫になりやすい箇所になります。

水虫は、感染症なので、感染することもあります。

共有のバスマットやスリッパなどは、湿って温度も高くなっていることが多いので、感染の原因になることがあります。

水虫の症状には、痒みやただれ、皮膚の皮がむける、ひび割れる、皮膚が硬くなるなどがあります。

爪水虫といって、爪に感染することもあります。
その場合、爪が白くなったり、弱くなって爪が欠けたり、光沢がなくなってしまうこともあります。

水虫と間違われやすい病気

水虫は、汗疱や掌蹠膿疱症、接触性皮膚炎と間違えられることが多いです。
診断は、白癬菌があるかないかなどで判断します。

自分では、なかなか分かりづらいので、皮膚科を受診するのが一番です。

・汗疱(かんぽう)

汗疱は、手や足に小さい水泡ができる皮膚の病気です。
湿疹化すると、痒みを伴います。

管理人は、この汗疱の痒みにとても悩まされています。
はじめは、水虫かと思って、病院を受診したのですが、水虫の菌、白癬菌が見当たらず、汗疱だと診断されました。

汗疱は、しばらく放置しておくと、皮膚がはがれてきます。

見た目がとても水虫と似ています。
ですが、診察してくれた先生によると、水虫の薬を使用すると悪化することがあるので注意しないといけないそうです。

そんなこともあるので、水虫が疑われる場合は、自己判断せず、早めに皮膚科を受診し、適した薬を出してもらうのが良いでしょう。

・掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

管理人は、先に述べた汗疱を、最初に医者に診てもらったときは、掌蹠膿疱症と言われました。

2箇所の病院で汗疱と言われたので、汗疱だったのだと思っています。

掌蹠膿疱症とは、主に手足に膿胞(膿が溜まっているようなブツブツ)ができる皮膚の病気です。膿というと、菌の塊という気がしますが、掌蹠膿疱症のブツブツの膿の中には、菌はいません。

掌蹠膿疱症の症状に、痒みがあります。そのため、水虫と間違えられることがあるそうです。

・接触性皮膚炎

接触性皮膚炎(かぶれ)も水虫と間違えられやすい病気です。

何かにふれてアレルギー反応を起こして皮膚炎となります。
湿疹や痒みなどを伴う為、水虫と間違えられることがあります。

足の臭いも水虫も同じような環境で発生する

水虫は、足の臭いの原因になっているようなイメージですよね。
ですが、水虫の白癬菌には、臭いはないと言われています。

足の臭いは、水虫ではなく、汗や足のアカ、汚れなどが、雑菌により分解されることが原因です。

足の裏は、汗をかきやすく、1日にコップ1杯分の汗をかくといわれています。
また、靴を履いていることも多いため、蒸しやすく、雑菌が繁殖しやすい環境です。

こういった環境だと、臭いが発生しやすくなります。
水虫も、高温多湿を好みますから、臭いが発生しやすい環境は、水虫も発生しやすい環境ということになります。

そのため、足臭があるは、水虫にもなっていることが多いのです。

足臭対策クリームなどは、水虫がある場合には、使用できないこともあるので、水虫がある方は、水虫を治すことを優先した方が良いでしょう。

塗って足の臭いを対策するということは難しいかもしれませんが、臭いが発生しやすい環境を改善することは出来ます。

足を清潔にし、通気性の良い靴下やインソールを使用し、蒸れを解消するのです。
これは、水虫対策にもなります。