電車は、多くの人が利用する公共交通機関です。

駅に到着するまでは、車内は密閉状態になります。
他人が発する臭いに、不快な思いをしたという人は多いでしょう。

香水、汗臭、ワキガ、口臭、食べ物の臭いなど。


 

  • ラポマイン

    ラポマイン

    ワキガの臭いを自分でコントロールしたいならラポマインがおすすめ。ラポマインは、保湿に力を入れた、うるおい系の制汗デオドラントです。ワキに潤いを与えて、余分な汗や皮脂の分泌を抑えます。柿渋エキスで臭いを抑え、薬用成分で汗と皮脂をブロック。無添加・低刺激なので肌に優しいデオドラントです。

予想外の臭いに出くわすこともあります。

嘔吐物の臭いです。

先日、電車に乗ろうとしたら、誰かが吐いたようで、嘔吐物が床に広がっていました。

休日だったので、乗車する客も多かったのですが、みんな、嘔吐物を避けてシートに座っていました。

次の駅に着いたとき、駅員が掃除道具を持って乗り込んできました。

駅員は、塵取りの中に入っていた、粉のようなものを嘔吐物に振りかけました。

それから、ほうきで嘔吐物かき集め、掃除が終わったと、次の駅で降りていきました。

実は、嘔吐物は、シートにもついており、残っていたのですが、駅員は気づかなかったのでしょう。

そして次の駅に着くと、数人の乗客が乗り込んできました。
電車内の臭い
床の嘔吐物が、ある程度綺麗になっていたので、そこで嘔吐があったということに、彼らは気づいていません。

汚れたシートに女性2人が座り、それを見ていた私は、あー!と思いましたが、時すでに遅し。

すぐに、1人の女性が気づいたようで、慌てて立ち上がり、汚物の席に座った女性は、かなりショックを受けた様子でした。

電車をよく利用していると、こういった場面に出くわすこともあります。

同じ車両に乗車していた人が、いきない吐き出すこともあります。

これには、びっくりします。次の駅に着くまでは、密閉状態なので、臭いがすごいです。

次の駅に着いたから、降りるのかと思いきや、乗ったまま吐き続けたりする人もいます。

嘔吐物は、意外と危険

アルコールを飲みすぎて、食べたものを吐いたというのであれば、それほど問題はないかと思いますが、嘔吐物は、実は危険な場合もあります。

ノロウィルスをご存知ですか?

ノロウィルスに感染すると、嘔吐下痢症状がでます。

感染者の嘔吐物や便などから、感染することがあります。
感染経路は、主に飛沫感染、空気感染、接触感染です。
嘔吐物の処理
家族がノロウィルスにかかったりすると、家の中で嘔吐することもあり、嘔吐物の処理には注意が必要です。

まず、ゴム手袋をして、嘔吐物の上にペーパータオルなどで覆います。
その上から、次亜塩素水(消毒液)をかけ、しばらく放置します。
(次亜塩素水は、家庭用のハイターなどで簡単に作れます。)

その後、かき集めてゴミ袋に入れて、さらに、次亜塩素水を含ませたペーパータオルで床を拭き消毒します。
嘔吐物は、広範囲に広がっていることもあるので、注意深くチェックします。

あとは、ゴミ袋に使用した手袋を入れ、きつく縛って捨てます。

嘔吐物がノロウィルスのような感染症を引き起こす可能性がある場合、嘔吐後の掃除は、結構大変なのです。

電車の中で、嘔吐する人は、たいてい酔ったことが原因で吐いていますから、感染症はそれほど気にしなくてよいかもしれませんが。

嘔吐で捕まったり、訴えられることはある?

公共の場で嘔吐するということは、汚れ、悪臭など、周りの人たちに、迷惑をかけてしまうことです。

その場に居合わせるのはもちろん、嘔吐物がかかるなど被害者になるのは嫌ですよね。
でも、自分が当事者になってしまうこともあるかもしれません。

気分が悪くなって、自分が嘔吐する側になってしまった場合、警察沙汰になったり、訴えられたりする可能性はあるのでしょうか?

故意にそういったことをした場合は、問題になりますが、電車内で嘔吐したからと言って、警察に捕まることはないでしょう。

しかし、嘔吐物を誰かにかけてしまった場合、訴えられる可能性はありますね。

服のクリーニング代や、物が嘔吐物で壊れて使用できなくなった場合などの損害賠償です。

清掃代などを鉄道会社から請求されることは、ないでしょう。
電車で嘔吐する方は、結構いらっしゃいます。
鉄道会社は、そういった掃除も、仕事の内の一つと考えているでしょう。

各都道府県に、迷惑防止条例が定められているのをご存知ですか?

その中には、悪臭に関するものもありますが、これに関しても、該当することはないと考えてよいでしょう。

故意でなければ、大変な事態にはならないでしょうが、電車で帰るとき、飲みすぎて気分が悪くなった際は、早めに電車を降りるのが賢明ですね。