臭いの好き嫌いって、人によって随分と変わるものだと感じたことはありませんか?

小学生の時、ワックスがけの時間がありました。

今の小学生もワックスがけなどするのでしょうか?

ワックスの臭いは、とても良い臭いとは言えない臭いだと思うのですが、ワックスの臭いが好きだというクラスメートがいました。

臭いの感じ方は、人それぞれ違います。

いい臭いか、不快な臭いかというのは、人は脳で判断しています。

脳は、今まで生きてきた中での経験とか、生まれ育った環境、記憶などに基づいて、その臭いが心地よいものか、不快なものかを判断します。

HLA遺伝子の違いにより、臭いの好みが違うという話もあります。

人は、親からHLA遺伝子を半分ずつ受け継ぐのですが、女性は、自分のHLA遺伝子と似た型をもつ異性より、異なるHLAをもつ異性の臭いを好む傾向があるといわれています。

とのようなわけで、臭いの好みというのは、人それぞれに違っています。

香水は必ずしも良い香りではない

香水を好んで使用する人がいますが、他の人がつけている香水を、いい匂いと感じることもあれば、不快だと感じることもありますね。

香水は、上手に使用しないと、逆効果になってしまいます。

特に体臭を気にしている方は、注意が必要です。

体臭が強い場合、体臭の臭いと混ざって本来の香水の良い香りが、別の香りに変化してしまうことがあるからです。

体臭対策で香水を使用をする場合は、まず体臭を抑えてから、香水を使用したほうが良いでしょう。

香水の香りが体臭によって、変な臭いに変化してしまうくらいなら、香水は、使用しないという方法もあります。

人の好きな匂いは少ない

地球上には、たくさんの種類の臭いがありますが、人が好む臭いは、不快だと感じる臭いより、ずっと少ないといいます。

体臭を人に好んでもらう匂いにするというのは、難しいということです。

ですが、臭いがキツすぎて、相手に不快な思いをさせ、スメルハラスメントなどと言われないよう体臭対策をしたいものです。