仕事中や電車の中で、プーンとスーツが臭うことはありませんか?

スーツは、ワキや首の後ろの汗を吸い取りやすいにもかかわらず、なかなか洗えないので、汗の臭いがしがちです。

さらに、タバコの煙や飲食店の臭いなども混ざって、嫌な臭いがすることもあります。

スーツを毎回クリーニングに出しているという人は少ないでしょう。

スーツは、クリーニングに頻繁に出すと痛むということもあり、あまり頻繁に出さないほうが、良いという点もあります。

スーツが汗を吸うと、その水分で型崩れをおこしたり、臭いやカビ、雑菌の原因にもなってしまいます。

今回は、スーツの汗を落とすお手入れ法や、臭いを防止する方法をご紹介します。

  • わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    わきが対策、制汗・ニオイケア【cleaneo】

    「クリアネオ」クリームは、殺菌効果が高いのでワキガやワキの臭いが気になる方におすすめのクリームです。
    無添加・無香料、天然成分で出来ているので肌にやさしいクリームです。
    足臭・汗臭・デリケートゾーンにも使用できます。

  • スーツの汗は濡らしたタオルでたたき出す

    スーツに染み込んでしまった汗は、お湯や水で濡らしたタオルを絞り、汗が染み込んでいる箇所を叩いて、汗を抜き出しましょう。

    裏に、乾いたタオルを敷いて吸い取るか、叩いた後に乾いたタオルで汗を吸い取ります。

    終わったら、風通しの良い場所で陰干しして乾かします。

    霧吹きなどを吹きかけて、タオルで吸い取るという方法でも良いでしょう。

    スチームアイロンで汗の成分を吹き飛ばす

    スチームアイロンを用いて、蒸気で汗の成分を吹き飛ばすという方法もあります。

    スチームアイロンの熱で殺菌もできるので、一石二鳥です。

    お風呂後に風呂場につるすだけ!

    スチームアイロンを持っていないという方は、同じような方法で、お風呂場につるすという方法があります。

    シャワーやお風呂に入った後の蒸気を利用して、蒸気で臭いを飛ばすという方法です。

    風呂場の乾燥スイッチをすぐに入れてしまうとあまり意味がありませんから、しばらくは、蒸気がある状態にしておきましょう。

    シャワーを浴びるときに、つるしておくという手もありますが、泡が飛んだりすると汚れることもあるので気を付けてくださいね。

    日ごろのスーツの扱いにも気をつかう

    スーツは、連続で使用することは避け、1日来たら翌日は着ない、2日間は開けるなど、休ませると良いです。

    汗や臭いがついたスーツは、すぐクローゼットにしまわずに、先ほどのような方法で汗や臭いをとったり、風通しの良いところに陰干しして、一度臭いを落としましょう。

    たくさん汗をかく日は、タオルやハンカチを持参して、こまめに汗を拭いたり、汗取りパッドを使用したりするというのもおすすめです。

    暑い季節は、速乾性に優れたインナーや防臭効果、通気性があるインナーにしてみてはいかがでしょうか。

    焼肉店など煙やスーツについてしまうような飲食店に行くときは、煙が付きにくい場所に置くだけでも違うでしょう。

    臭いが取れない場合は、消臭剤を使用する方法もあります。